Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「バオバオ フツウの家族」日本版ポスタービジュアル

2組の同性カップルが協力して妊活、台湾映画「バオバオ フツウの家族」9月公開

ナタリー

19/4/18(木) 10:00

2組の同性カップルを描く台湾映画「バオバオ フツウの家族」が、9月に日本公開される。

台湾国際クィア映画祭をはじめ、スペインやロサンゼルスの映画祭で上映された「バオバオ フツウの家族」は、「52Hzのラヴソング」のウェイ・ダーションや「百日告別」のトム・リンらを輩出した脚本賞コンペから生まれた作品。シエ・グアンチェンが長編初監督を手がけ、エミー・レイズ、クー・ファンルー、蔭山征彦、ツァイ・リーユン、ヤン・ズーイらが出演した。劇中では、ロンドンに住むジョアンとシンディ、チャールズとティムという2組の同性カップルが、協力して妊活を始めることから物語が展開していく。

日本公開決定にあわせて解禁された日本版ポスターは、イラストレーターの田辺ヒロシが手がけたもの。そしてビームスの橘高つむぎがポスターデザインを担当した。

「バオバオ フツウの家族」は東京・K's cinemaにて公開。なお4月29日に東京・UPLINK渋谷にて開催される本作の特別上映には、ジョアン役のクー・ファンルーが登壇する。また彼女は、4月28日、29日に東京・代々木公園で行われる東京レインボープライド2019のステージにも参加予定だ。

(c)Darren Culture & Creativity Co.,Ltd

アプリで読む