Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「虚空門 GATE」ポスタービジュアル

UFOドキュメンタリー「虚空門 GATE」公開決定、森達也が中盤以降の展開に唖然

ナタリー

19/8/20(火) 12:00

UFOに関するドキュメンタリー「虚空門 GATE」が、10月中旬より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

本作は、8mm映画からキャリアをスタートさせ、新日本プロレスのビデオ「闘魂Vスペシャル」といった作品を発表してきた小路谷秀樹の一般映画デビュー作。小路谷はYouTubeにアップされていた月面異星人遺体動画に触発され、UFOと遭遇したという人々に取材を重ねていく。ある日彼の前に現れたのが、UFOを呼べるという俳優で画家の庄司哲郎。庄司はスマートフォンのカメラでUFOを捉えてみせたが、やがて彼は所在不明に。UFOの撮影に邁進する小路谷が疑心暗鬼に陥る中、事態は驚くべき展開を迎える。

映画監督で作家の森達也は「どうせ胡散臭い映画だろうと思いながらあなたは観始める。中盤からの展開は予想をはるかに超えていた。唖然とする。何が真実なのか。何が虚偽なのか。その境界はどこか。なんだなんだとつぶやく。そして終盤で心地よく宙づりになる。これは僕の体験。是非観てほしい」とコメントを寄せた。また、小路谷が制作の経緯などを語ったコメントも下記に掲載している。

小路谷秀樹 コメント

本作品はユーチューブにアップされていた月面異星人遺体動画の真偽を問うことを起点として、2013年から制作を開始しました。

2015年までは、様々なUFO研究家やUFO、異星人遭遇者への取材を重ねておりましたが、物語としての躍動が生じることはありませんでした。

しかし、2015年の暮れ、俳優であり画家である庄司哲郎がUFOコンタクティとして眼前に現れた時から、本作品の物語が動き始めました。

そして彼を追い、見据えるうちに、UFO・異星人問題は人間の意識、思考の在り方に深く関わっていることを実感するようになりました。

筋書きの無いドキュメンタリーですが、シーンが紡ぐ物語の必然性に突き動かされるように、私は、本作品において何が何でも、UFOを収録しなければならないと邁進し、沸き起こる事件に翻弄されつつも、遂にクライマックスを迎えます。

偶発的に起きているけれど、ピタリと作品世界にはまる事象の数々
それは意識の変容を促す鍵となるでしょう。

どう理解するか、どう解釈するか

豊かなる世界との繋がりを実感して頂ければ幸いです。

アプリで読む