Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『スカーレット』第16話では、ちや子(水野美紀)が古い信楽焼きには高い価値があると言い出す

リアルサウンド

19/10/16(水) 8:15

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『スカーレット』。10月17日放送の第16話では、ちや子(水野美紀)が古い信楽焼きには高い価値があると言い出す。

参考:『スカーレット』両親のエールを受け取る戸田恵梨香 でんぐり返しは舞台『放浪記』がモチーフ?

 喜美子(戸田恵梨香)が「女中として働かせて下さい」と嘆願した第15話。第16話では、信楽では、残された人々が新生活を始めていた。一見、変わりない様子だが、幼なじみの照子(大島優子)は楽しい高校生活を装い、父・常治(北村一輝)は酔った勢いで喜美子のいない寂しさを明かす。一方、大阪の喜美子は、下宿屋の住人と地元の思い出話に花を咲かせる。その流れでお守り代わりに拾ってきた焼き物のかけらを見せると、新聞記者のちや子(水野美紀)が反応。古い信楽焼きには高い価値があると言い出す。

 焼き物の里・信楽を舞台に、女性陶芸家・川原喜美子が、モノを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげずに生きていく波乱万丈の物語。主演の戸田恵梨香をはじめ、大島優子、林遣都、北村一輝、富田靖子、マギー、財前直見らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む