Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

海外作品初出演となった樹木希林さんの姿も 『命みじかし、恋せよ乙女』予告編&ポスター公開

リアルサウンド

19/6/11(火) 19:00

 昨年9月に亡くなった樹木希林さんの世界デビュー作であり、遺作となったドイツ映画『Cherry Blossoms and Demons(英題)』の邦題が『命みじかし、恋せよ乙女』となり、8月16日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国順次公開されることが決定。あわせて予告編とポスターが公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、酒に溺れ人生を見失ったカールと、かつて彼の父と親交があった日本人女性ユウが、人生を取り戻すために共に旅をする物語。ドイツ人監督ドーリス・デリエによる本作の主演は、ドイツ人俳優ゴロ・オイラーと、日本人舞踏家の入月絢が務める。樹木さんは、カールが訪れる茅ヶ崎館の老女将役を演じている。

 2018年4月にドイツで、7月6日から16日にかけて日本での撮影を実施した本作。日本パートのロケは、主に神奈川県茅ケ崎市に実在する、有形文化財にも指定された旅館「茅ヶ崎館」で行われた。

 公開されたポスタービジュアルでは、茅ヶ崎館の美しい庭を背景に、スノードームを見つめる意味深長な樹木さんの姿と茅ヶ崎の海、そしてカールの生まれ故郷であるドイツの森の中で目を閉じるオイラーの姿が切り取られている。

 予告編では、カールとユウが出会う場面や、日本を訪れたカールを迎える老女将であり、海外作品初出演となった樹木さんの姿も映し出されており、「あなた生きてるんだから、幸せにならなきゃ駄目ね」という樹木のセリフも収められている。 (リアルサウンド編集部)

アプリで読む