Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

怪人二十面相からケーキを受け取る板垣瑞生(M!LK)。

「超・少年探偵団」舞台挨拶にM!LK瑞生、二十面相がバースデーケーキをプレゼント

ナタリー

19/10/26(土) 16:39

本日10月26日に東京・渋谷TOEIで行われた「超・少年探偵団NEO -Beginning-」の公開記念舞台挨拶に板垣瑞生(M!LK)が登壇した。

「超・少年探偵団NEO -Beginning-」は江戸川乱歩の小説「少年探偵団」シリーズを原案にした作品。明智小五郎の弟子・小林芳雄のひ孫である芳狼が学園七不思議の怪事件に遭遇しながらも、自らの秘められた能力や宿命と向き合う姿が描かれる。

公開記念舞台挨拶には瑞生のほかキャストの高杉真宙、佐野岳、堀田真由、長村航希、前田旺志郎、監督の芦塚慎太郎が参加。ミステリー同好会のメンバー・夢野正太郎を演じた瑞生は「ミステリー同好会の3人(瑞生、長村、前田)はふざけてるんですけど、真宙くんは本当に真面目に演じているので、それだけは忘れないでほしい。本当に!! ちゃんとやってました!」と強調。高杉が「ちゃんとやってないように聞こえるから!」とツッコミを入れると、会場は笑いに包まれた。また芦塚監督は瑞生の演技について「ふざけてるのか本当にやってるのか全然わからなくて……」と指摘すると、瑞生は「本当にちゃんとやってたんです!」と必死に弁解。撮影中の様子について高杉に意見を求めると、彼は「真面目にふざけてたね」と一言フォローした。

さらに映画の内容にちなみ、キャストたちの“ダークサイド”が語られる場面もあった。瑞生は「よく夜中に公園に行くんですけど、気付いたら太陽が昇ってることがあって。朝方までボーッとしてます」と明かすと、登壇者たちに「ヤバい、大丈夫か?」と心配されてしまう。さらにほかのキャストから電話に出ないと何度も掛け直してくることを暴露されると、瑞生は「いや、気付いてないのかなーって思って……」と淡々と述べた。

舞台挨拶の終盤には、昨日10月25日に19歳の誕生日を迎えた瑞生を祝うサプライズを用意。観客たちが「ハッピーバースデートゥーユー」を歌うと、瑞生は「もっと!」と煽って会場を盛り上げた。そして怪人二十面相からケーキを受け取ると、「素敵な人たちと誕生日を迎えられて、幸せ者だな」と笑顔を見せ、“19歳の抱負”として「いろんな方にこの映画が届けばいいなと思っています!」と力強く語った。

アプリで読む