Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

V6、KinKi Kids、嵐、関ジャニ∞……『音楽の日2020』ジャニーズの見どころは? 中居正広との貴重なトークにも注目

リアルサウンド

20/7/18(土) 6:00

 今年で10回目となる『音楽の日』(TBS系)が7月18日14時から生放送される。「音楽の力で日本を元気に!」をテーマに2011年からスタートした同番組。今年は「日本の元気」をテーマに中居正広、安住紳一郎(TBSアナウンサー)のコンビで生放送ならではのライブ感と番組オリジナルの様々な企画で日本中を元気にする音楽を発信する。今回はこれまでのパフォーマンスを振り返り、同番組ならではの見どころや、パフォーマンスについて期待を込めて考察したい。

(関連:Travis Japan、MIYAVIからの課題曲にどう挑むか ドキュメンタリー番組『~EP.1:ROCK~』放送への期待

●V6、KinKi Kids…中居との貴重なトークも 嵐は再び下克上コント復活か?
 今回ジャニーズからは総勢14組、V6、KinKi Kids、嵐、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Prince、SixTONES、Snow Manが出演し、パフォーマンスを繰り広げる。今回はジャニーズ事務所を今年退社した中居と、後輩グループのトークにも注目だ。普段は先輩という立ち位置が多いV6、KinKi Kids、嵐も中居の前では後輩。先輩である中居と普段はなかなか聞けないトークが繰り広げられるのかが楽しみである。

 また、中居と嵐の絡みについて、昨年は『うたばん』(TBS系)で恒例となっていた「下克上コント」が復活し、ファンが大歓喜。SNSには復活を喜ぶメッセージが多数投稿された。今回は新型コロナウイルス感染防止のため、ソーシャルディスタンスを保ってのトークとなるだろうが、ぜひ嵐の大野智と中居の新しい「下克上コント」の披露を期待したい。また手越祐也の退所で3人となったNEWSに中居が先輩としてどのような言葉をかけるのか、こちらにも注目したい。

●関ジャニ∞やジャニーズWESTの話題曲、King & PrinceとA.B.C-Zも必見
 音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)でのコアな特集で音楽好きからも注目を集めている関ジャニ∞。8月19日には彼らと、ファンである“エイター”と共に「絆」や「繋がり」をテーマにして作成した楽曲『Re:LIVE』のシングルリリースが決定している。またCDには『Re:8EST Project』として過去にリリースした楽曲を5人で歌いアップデートさせた「オモイダマ」「前向きスクリーム!」も収録。「オモイダマ」は2014ABC夏の高校野球応援ソング、『熱闘甲子園』(朝日放送)のテーマ曲でもあり、今年は残念ながら大会が中止になってしまった高校球児に向け、エールとして「Re:LIVE」と共に披露されるかもしれない。

 そして心に響く応援ソングとして、歌唱力の高さも含め注目されているのがジャニーズWESTの「証拠」だ。これまでも音楽番組などで披露される度にファン以外からも高い評価を得ており、実際に好セールスに繋がった同曲。披露される度にクオリティが高くなっているという評判もあり、こちらも期待が高まる。

 また、昨年の放送でKing & Princeが「シンデレラガール」を披露した際に、平野紫耀が、亡くなったジャニー喜多川氏に向け、本来なら〈長い階段駆け上がって 人波に消える〉という歌詞を「長い階段駆け上がって見守っていてね」と歌い、感動を呼んだ。今年は自身の楽曲の中でも最高難度といわれるダンスパフォーマンスが魅力の「Mazy Night」の披露を期待したいところ。また最近、メンバー河合郁人のバラエティ番組での活躍がめざましいA.B.C-Zは、アクロバットとダンスにおいてもジャニーズでトップクラス。そして何より彼らの真骨頂といえば、数々の舞台で培った“華のある”パフォーマンスだろう。生放送ならではの緊張感と併せて楽しみたい。

 期待が高まるのは新型コロナウイルスの医療対策支援のため立ち上がったジャニーズのプロジェクト『Smile Up ! Project』の一環として15組のジャニーズメンバーが結集し、結成された期間限定ユニット・Twenty★Twentyによる楽曲「smile」のパフォーマンスだ。今回は残念ながら参加メンバーの1人である山下智久の出演の予定はないため、披露することは難しいかもしれない。しかし豪華メンバーが集結する『音楽の日』だけに期待してしまうのがファン心理だ。今回は難しくてもいつか全員で披露してくれることを願いたい。そして今回も生放送ならではの緊張感あるパフォーマンスを楽しみたい。(北村由起)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む