Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

佐藤大樹、“亡き父親”演じた片岡愛之助を絶賛「表情だけで……」

ぴあ

20/9/28(月) 19:57

相沢沙呼の同名小説を映画化した『小説の神様 君としか描けない物語』の公開直前イベントが9月28日、都内で行われ、ダブル主演を務める佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈が出席した。

中学生で作家デビューしたものの、作品がSNSで酷評され自信を失った高校生小説家・千谷一也(佐藤)と、同じクラスの人気者でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪(橋本)。正反対の高校生ふたりが、ベストセラー小説を生み出すべく共作に挑む。

当初は5月に封切られる予定だった本作が、ついに10月2日より全国公開が決定し、佐藤は「並々ならぬ思いで臨み、魂を注ぎ込んだ大切な作品。どんな状況であれ、無事に公開でき、たくさんの方々に見てもらえるのは幸せです」と喜び爆発。橋本も「おうちで楽しめるコンテンツもたくさんある時代ですが、この作品はスクリーンで見てこそ感動できると思うので、皆さんに映画館に来ていただけるのは、すごくうれしいです」と安どの表情を浮かべていた。

今回、初共演を果たし「他の作品を見て、ツンツンした(キャラクターの)イメージもあったんですが、実際には物腰が柔らかく、とてもフランクに話してくれる。国民的に愛されている理由が分かりました」(佐藤)、「大樹くんは、年上年下、誰からも好かれるタイプ」(橋本)。タイトルにちなみ、佐藤は橋本を「コミュ力の神様」、橋本は佐藤を「令和のマルチ神様」だとそれぞれ評していた。

イベントには共演する佐藤流司、杏花、莉子、坂口涼太郎、片岡愛之助、久保茂昭監督(映画『HiGH&LOW』シリーズ)が同席。イベント前日に最終回を迎えた人気ドラマでも話題を集めた愛之助は「今日はですね、おねえではなく、お父さんです!」と挨拶。劇中では、一也の父親で若くして他界した小説家を演じており「家庭を顧みず『背中を見て育て』みたいな役どころ。ここにいる皆さんとご一緒する機会もなく、切なかった」と振り返った。一方、佐藤は「こんなに表情だけで語る俳優さんは、あまりいない」と愛之助を絶賛していた。

取材・文・写真=内田 涼

『小説の神様 君としか描けない物語』
10月2日(金)公開

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む