Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

映画「ブラック校則」初日舞台挨拶の様子。

セクゾ佐藤勝利、キンプリ高橋海人の秘密を星田英利が暴露

ナタリー

19/11/1(金) 21:15

映画「ブラック校則」の初日舞台挨拶が本日11月1日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、出演者の佐藤勝利(Sexy Zone)、高橋海人(King & Prince)、モトーラ世理奈、監督を務める菅原伸太郎氏が登壇した。

「ブラック校則」は理不尽な校則に立ち向かう高校生たちの姿を描いた青春ストーリー。脚本はマンガ「セトウツミ」で知られる此元和津也が担当している。

まず佐藤は緊張した様子で「映画が面白かった人だけ拍手してもらっていいですか?」と口を開く。観客から大きな拍手が返ってくると「そんなにわかりやすい内容でもないと思うし、伝わるかどうか不安もありました」と正直に述べ、「僕が演じる小野田創楽はいつも我慢している役で、僕もそういう気質があります。この映画を通して、いらない我慢があることが伝われば」と真剣に語った。さらに、本作で主演を務めることをジャニー喜多川氏に報告した際のエピソードも明かし、「『YOU本当にやるの?』と全然信じてもらえませんでした」と当時を振り返った。

本作が映画初出演となった高橋は「たまたま映画館の前を通ったときに、これから公開される映画の中に『ブラック校則』を見つけて、俺ホントに映画出るんだ!と思いました」と感慨深げな様子。モトーラが「ついこの間まで撮影をしていたので……もう公開かという感じです……」と長い沈黙を交えながら話すと、しびれを切らした佐藤が「遅送り機能を使ってるのかと思ったよ!」とツッコみ、高橋も「これが“モトーラの間”と言うんですよ」と続けた。

“ブラック校則”で生徒を縛り付ける体育教師役の星田英利について話題が及ぶと、佐藤は「役ではめちゃくちゃブラックなことを言ってくるけど、裏では気さくで現場を盛り上げてくれました」とコメント。モトーラが「ホントに恐くて……」と口にしたタイミングで星田本人がサプライズで登場。「何勝手なこと言ってんだコラ! なんちゅう服着てんだ、お前ら!」と役に徹して暴言を吐くと、キャストと観客は呆気にとられた様子だった。そして登壇者は星田が役柄とは裏腹に優しい性格であることをアピール。菅原監督は「虫を窓の外に逃がしてあげたり」、佐藤は「僕が差し入れしたコーヒーをめちゃくちゃ喜んでくれました」とそれぞれ明かした。

これを受けて星田も撮影時の裏話を口に。佐藤に対して「楽屋でずっと卑弥呼の話すんねん。食べてたおにぎり進まんわ」と苦情を言い、高橋については「夜の学校でロケをやっていたときに、1人でトイレ行かれへんねん」と暴露した。

さらにもう1つのサプライズとして、マンガ家の此元氏からキャストへ描き下ろしマンガのプレゼントも。劇場のスクリーンにそのマンガが投影されると、佐藤と高橋は釘付けになっていた。その後、マンガに描かれたシーンを再現することとなった佐藤、高橋、モトーラは入念に打ち合わせをし、本番さながらの緊迫感で即興の演技を披露。観客から拍手を浴びた佐藤は「この作品がいろんな人に届いたらと思います。観てない方にもたくさん広めてほしいです」と言葉に力を込め、舞台挨拶を締めくくった。

※高橋海人の「高」ははしご高が正式表記。

(c)2019日本テレビ / ジェイ・ストーム

アプリで読む