Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左からカイリー・カラン、ユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソン。

「ドクター・スリープ」LAプレミア、ユアン・マクレガーらが日本のファンへ挨拶

ナタリー

19/10/30(水) 20:20

「ドクター・スリープ」のロサンゼルスプレミアが、アメリカ現地時間10月29日にレジェンシー・ビレッジ・シアターにて開催され、キャストのユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソン、カイリー・カラン、監督のマイク・フラナガンらが登壇した。

スティーヴン・キングの小説をもとにした本作は、スタンリー・キューブリックの監督作「シャイニング」の40年後を描く作品。大人になったダニー・トランスを演じたマクレガーは、カランとのシーンについて「それまでは頭の中での文通のようにコミュニケーションを取っていたんだけど、最初に出会うシーンですごく長いセリフがあった。でもカイリーとの最初のシーンだったから楽しみだったよ。最高だった」と振り返る。さらに日本のファンに向けて「日本の皆さん、こんにちは。元気ですか?」と笑顔で呼びかけた。

きらびやかなシルバーのジャケットに身を包んだカランは、「ストーリーがハラハラドキドキでね、キャラクターもすごく入り組んでるの。本当に面白いから!」とアピール。また日本語を勉強していることを明かし「こんにちは。私はカイリーです。初めまして。どうぞよろしく」と流暢な日本語で挨拶する。「この映画はとにかくやりたいと思ったの」と述べたファーガソンは「悪役を演じるのって悪くないわ。特に深みがあるし」と自身の役を回想した。

フラナガンは、日本の「シャイニング」やスティーヴン・キングファンに向けて「この映画を作れたのは、私の人生で本当に光栄なことです。私のように『シャイニング』のファンであれば、この映画を楽しんでほしいと思っています」とコメント。このほかイベントには、キャストのクリフ・カーティス、エミリー・アリン・リンド、ジェイコブ・トレンブレイも出席した。

「ドクター・スリープ」は11月29日より全国でロードショー。

(c)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

アプリで読む