Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ブラインドスポッティング」キービジュアル

親友同士の黒人と白人が直面する現実「ブラインドスポッティング」公開決定

ナタリー

19/6/4(火) 12:00

2018年のサンダンス映画祭やSXSW(サウスバイサウスウエスト)映画祭で上映された「ブラインドスポッティング」が、8月30日より東京・新宿武蔵野館、シネクイントほかで公開される。

「ワンダー 君は太陽」「ベルベット・バズソー:血塗られたギャラリー」など俳優としても活躍する黒人ラッパーのダヴィード・ディグスと、ヒスパニック系白人であるスポークン・ワード・アーティストのラファエル・カザル。本作では、カリフォルニア州オークランドの高校で出会い、ともにフリースタイルラップをしながら育った2人が脚本と主演を担当した。

主人公は、あと3日の保護観察期間を無事に乗り切りたい黒人コリンと、幼なじみで問題児の白人マイルズだ。ある日コリンが白人警官による黒人への発砲現場を目撃したことをきっかけに、2人は互いのアイデンティティや急激に高級化する地元オークランドの変化といった現実に直面していく。

監督は本作が長編デビューとなるカルロス・ロペス・エストラーダ。ディグスがコリン、カザルがマイルズを演じている。本作は、前アメリカ合衆国大統領バラク・オバマが「ROMA / ローマ」「ブラックパンサー」「ブラック・クランズマン」などと並び、2018年のお気に入り映画の1本に挙げたことでも話題になった。

(c)2018 OAKLAND MOVING PICTURES LLC ALL RIGHTS RESERVED

アプリで読む