Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ザ・ファブル」レッドカーペットイベントの様子。

「ザ・ファブル」岡田准一との“戦い”に福士蒼汰「夢が叶いました!」

ナタリー

19/5/13(月) 19:02

「ザ・ファブル」のレッドカーペットイベントが本日5月13日に東京・新宿モア4番街で行われ、キャストの岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市、木村了、監督を務めた江口カンが登壇した。

南勝久による同名マンガを「ガチ星」の江口カンが実写化した本作。岡田演じる殺し屋、通称・ファブルが、一般人の佐藤アキラとして普通の生活を送るさまが描かれる。この日、沿道には大勢のファンが集まった。岡田を除くキャスト陣は、リムジンを降りてレッドカーペットに登場し横並びに。そして岡田は、劇中でも使用した通称ハコスカと呼ばれる日産のスカイラインに乗って姿を現した。

岡田は本作について「監督がずっと『コメディ要素を強めたい』とおっしゃっていて。アクションと原作の持つシビアな部分がうまく混ざった笑えるエンタテインメントになっていると思います」とコメント。ファブルを狙う殺し屋・フードを演じた福士とのバトルシーンもあり、岡田が「いつか福士くんが『戦う役がやりたい』と言ってくれてたので」と切り出すと、福士は「夢が叶いました!」と笑顔を見せた。

木村文乃は殺し屋の日常を描いた本作の魅力を「殺し屋の仕事って皆さん雰囲気はご存知だと思うんですけど、それをわかりやすく楽しく教えくれる映画」と述べ、安田は「江口カン監督の独特な感性が光る素晴らしい痛快なアクション映画になっております」とその手腕を称賛。そして最後に江口は「本当にやりつくさせていただいた……」と達成感を明かし、「笑いもドラマもアクションも最高のものができたと思います」とアピールした。

なお映画ナタリーでは完成披露舞台挨拶のレポートも追って掲載する。

「ザ・ファブル」は6月21日より全国でロードショー。

(c)2019「ザ・ファブル」製作委員会

アプリで読む