Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『なつぞら』第28話では、富士子(松嶋菜々子)の思わぬ言葉になつ(広瀬すず)が泣き始める

リアルサウンド

19/5/1(水) 8:15

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。5月2日放送の第28話では、富士子(松嶋菜々子)の思わぬ言葉になつ(広瀬すず)が泣き始める。

参考:『なつぞら』藤木直人が語る、愛され男・剛男役へのアプローチ 「チャーミングに演じられたら」

 なつが新宿のパン屋・川村屋の主・光子(比嘉愛未)を訪ねた第27話。第28話では、光子の好意で川村屋の従業員アパートに泊まったなつと富士子。その夜、富士子は、東京に来る前に夕美子(福地桃子)から言われたある言葉をなつにぶつける。すると、なつは富士子からの思わぬ発言に突然泣き始めてしまう。日が変わり川村屋の店内。なつと富士子のもとに信哉(工藤阿須加)が駆け込んできて、気がせいたようにふたりに近寄り……。

 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、福地桃子、リリー・フランキー、比嘉愛未、吉沢亮らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む