Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

V6、マンウィズ、高橋一生、エビ中……物語に沿いつつアーティスト個性も押し出したドラマ主題歌

リアルサウンド

19/6/4(火) 7:00

 V6の両A面シングルに収められた「ある日願いが叶ったんだ」(テレビ朝日系ドラマ『特捜9 season2』主題歌)、MAN WITH A MISSIONのニューシングル表題曲「Remember Me」(フジテレビ系ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』主題歌)など、ドラマのタイアップが付いた新曲を紹介。ドラマのストーリーに沿いながら、アーティストの個性をしっかりと押し出した楽曲を堪能してほしい。

(関連:V6、アニメ『ONE PIECE』主題歌はなぜ説得力がある? グループとの共通点から考える

 通算51枚目となるV6のニューシングル『ある日願いが叶ったんだ / All For You』は、まったくタイプが異なる2曲によるダブルA面。ドラマ『特捜9 season2』主題歌の「ある日願いが叶ったんだ」は、“君を守りたい”という切実な感情を軸にしたミディアムナンバー。〈ある日願いが叶ったんだ〉のサビから始まり、“君”に対する思いを丁寧に紡ぎ出している。随所にEDM的な処理を施したシンプルなトラック、ギター、スラップベースを交えた色彩豊かなアレンジ、そして、温かさに溢れたボーカル/ハーモニーも心に残る。サブスクを中心に世界的ヒットを連発しているAmPmが作曲に参加した「All For You」は英語詞によるダンスチューン。現行のR&B~エレクトロなどと正確にリンクしたトラック、豊潤な低音を強調したサウンドメイク、抑制の効いた歌がひとつになったこの曲は、グローバルポップの潮流とも合致している。

 全国ツアー真っ只中に届けられたMAN WITH A MISSIONのニューシングル表題曲「Remember Me」は、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』主題歌。冒頭からのスタジアム級のダイナミックなコーラスが鳴り響き、ワールドワイドとしか言いようがないスケールに圧倒されるこの曲のキモは、これ以上ないほど率直な日本語のリリック。自分が生きる意味を掴むまで、〈ほんの僅かな後悔も/残さず歩き続けて行く〉というパワーワードは、ドラマの物語と重なりながら、幅広いリスナーに“人生の在り方”を強く意識させるはず。このバンドの歌の強さ、感情に直接訴えるエモさがダイレクトに反映された、新たなアンセムになりえる楽曲だと思う。開放感のあるギターソロからストリングスを導入した後半パートの開け方も驚くほど気持ちよく、10月から始まる全国ツアー『MAN WITH A MISSION presents Remember Me TOUR 2019』への期待も高まる。

 自身が主演をつとめるドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系)の主題歌として制作された高橋一生のシングル表題曲「きみに会いたい-Dance with you-」は、宮本浩次(エレファントカシマシ)が楽曲提供/プロデュースを担当。宮本が自身のバンド以外で楽曲提供を行うのは今回が初となるが、高橋は以前からエレカシのファンであることを公言し、トリビュートアルバム『エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~』に収録された「俺たちの明日」(東京スカパラダイスオーケストラ×高橋一生)のボーカルを宮本が絶賛していたこともあり、この曲でも意義深い化学反応が実現している。濃密なエモーショナルをたたえたメロディ、〈もっともっと 求めあいたいよ〉という率直なリリック、しなやかなファンクネスをたたえたサウンドのバランスも絶妙で、プロデューサーとしての宮本のセンスがしっかりと感じられる。その中心にあるのはもちろん、大人の男の切なさと純情をリアルに描き出す高橋の歌唱力だ。

 私立恵比寿中学による13枚目のシングル表題曲「トレンディガール」は、メンバー全員が出演しているドラマ『神ちゅーんず ~鳴らせ!DTM女子~』(テレビ朝日系)の主題歌。川谷絵音が作詞/作曲/編曲/サウンドプロデュースを担当した。ジャズ、フュージョン、ギターポップなどが混ざり合ったアレンジ、繊細な転調を交えたコード構成、あり得ないほどの起伏を含んだメロディラインはまさに川谷の真骨頂だが、難易度の高いこの曲を彼女たちは(感情の発露を抑えながら)正確に歌い上げている。〈トレンディー〉という古めかしい言葉を新鮮に響かせるリリックも印象的だ。同じく川谷が手がけたカップリング曲「あなたのダンスで騒がしい」(ドラマ『神ちゅーんず~』劇中歌)は、緻密に構築されたサウンドとどこか和的な雰囲気のメロディが絡み合うアップチューンである。

■森朋之
音楽ライター。J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。主な寄稿先に『Real Sound』『音楽ナタリー』『オリコン』『Mikiki』など。

アプリで読む