Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「フィーバー・ルーム」より。(Courtesy of Kick the Machine Films)

タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン「フィーバー・ルーム」が芸劇へ

ナタリー

19/4/23(火) 22:33

「フィーバー・ルーム」が、6月30日から7月3日まで東京・東京芸術劇場 プレイハウスで上演される。

2017年の「TPAM - 国際舞台芸術ミーティング in 横浜」で日本初演された「フィーバー・ルーム」は、タイのアーティストで映画作家のアピチャッポン・ウィーラセタクンが手がけた作品。本作では映画と演劇の枠組みを超え、“記憶とイメージのうつろいやすさに関する省察”へと観客を誘うパフォーマンスが展開する。

なお本作は、国際交流基金アジアセンターが5年間の活動を総括して行う、日本と東南アジアの文化交流の祭典「響きあうアジア」の一環として上演される。

「フィーバー・ルーム」

2019年6月30日(日)~7月3日(水)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

ディレクター:アピチャッポン・ウィーラセタクン
出演:ジェンジラー・ポンパット・ワイドナー、バンロップ・ロームノーイ、ナブア村のティーンエイジャーたち

アプリで読む