Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から永野、斎藤工、金子ノブアキ。

金子ノブアキ「MANRIKI」舞台挨拶で早くも次回作へ意欲、SWAYは永野とのエピソード暴露

ナタリー

19/11/29(金) 22:23

映画「MANRIKI」の初日舞台挨拶が本日11月29日に東京・シネマート新宿で行われ、金子ノブアキ、斎藤工、永野、SWAY(DOBERMAN INFINITY)、小池樹里杏、三田尚人、監督を務めた清水康彦が登壇した。

「MANRIKI」は斎藤、永野、金子、清水が結成した映像制作プロジェクト「チーム万力」による初の長編映画。駆け出しのモデルが美しき整顔師に小顔矯正施術を依頼し、変身を遂げたことから物語が展開する。永野が原案と脚本、斎藤が企画およびプロデュース、金子が音楽を担当した。

企画の始動から3年を経て公開を迎えた本作について、斎藤が「最初は『昼顔』と“ラッセン”が映画を作るということで、色眼鏡で見られたりしました」と映画化を発表した当時を振り返ると、ラッセンというワードに反応した永野はお決まりの“ラッセンネタ”の姿勢に。しかし、斎藤の「でもそのことに抗うこともエネルギーにして作品を作っていました。紆余曲折を作品に込めることができたので、すべて必要な時間だったと思います」という言葉を受けて身に付けていた赤と青のサングラスを外し、「すみません、色眼鏡取ります!」と苦笑した。

また金子が「毎度毎度初日はうれしいんですけど、作品ができあがった切なさと、次が始まるなという気持ちがありますね。次は何作る?『MANRIKI2』?」と早くも次回作への意欲を見せると、斎藤は「『MANRIKI2』……略してMAN2……MANツーマン。2人しか出ない、塾の話に」とさっそく構想を練り始める。永野に「『MANツーマン』、撮りましょ!」と笑顔を向けられた斎藤は、「副題は『今でしょ』で」とニヒルな笑みを浮かべた。その後、金子は「チーム万力」に対する第一印象について話し始め、「決してポップカルチャーの作品ではないし、歪なものを作ろうとしているけど、そこにプライドがあって、気高さみたいなものを感じたんです」と語った。

キャストの1人であるSWAYは「こんなに工さんや永野さん、金子さんたちと仲良くなれると思わなかったですね」と話し、イベント前に斎藤らとしゃぶしゃぶを食べた際のエピソードを披露。SWAYが「永野さんがしゃぶしゃぶ食べるのめちゃくちゃ下手なんですよ。肉の種類を知らなくて、鶏肉を赤いまんま食べようとしたり」と明かし、斎藤も「生つくねをそのまま食べようとしたり」と重ねると、永野は「僕、物心付いたのが去年だったので。白髪こそありましたけど!」とジョークを飛ばした。また、SWAYは劇中である人物の首が切断されるシーンでリアクションに悩んだことを告白し、「(首が)もげた人を見たことないので、みんなで正解を探しましたよね。めちゃくちゃ難しかったです。いきなり発狂するのか、放心状態になるなのか……」「いい勉強になりました。次、もげた人を見たときは対応できると思います」と話して斎藤らを笑わせた。

アプリで読む