Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「シークレット・スーパースター」より、ザイラー・ワシーム演じるインシア。

「シークレット・スーパースター」特別映像、主演起用のきっかけは「ダンガル」

ナタリー

19/7/29(月) 15:00

アーミル・カーンが製作と出演として参加したインド映画「シークレット・スーパースター」の特別映像が、YouTubeにて公開された。

父親の猛反対を受けながら、インド最大の音楽賞のステージで歌うことを夢見る少女インシアを主人公とした本作。「ダンガル きっと、つよくなる」で共演したザイラー・ワシームとカーンが、それぞれインシアと落ち目の音楽プロデューサーを演じている。カーンの元マネージャーであるアドヴェイト・チャンダンが監督と脚本を担当した。

このたび公開された特別映像は、現在18歳のワシームにスポットを当てたもの。彼女が主演に抜擢されたのは、カーンが「ダンガル」で起用することになった当時14歳のワシームを、チャンダンに紹介したことがきっかけだという。オーディションでワシームと会い、その才能を目の当たりにしたチャンダンは、カーンに「頼むから『ダンガル』で起用しないで」と懇願したほど。その時点で「シークレット・スーパースター」の制作スケジュールは決まっていたが、ワシームの起用を優先し、「ダンガル」の撮影が終わるのを待つこととなった。映像では、ワシームが2015年にオーディションを受けた際の様子や、ギター演奏と歌唱シーンのために努力する姿なども確認できる。

なおこの「シークレット・スーパースター」で、インド版アカデミー賞と言われるフィルムフェア賞の審査員選出最優秀女優賞に輝いたワシームだが、2019年6月に俳優業からの引退を発表。本作が最初で最後の主演映画となった。

「シークレット・スーパースター」は、8月9日より東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される。

(c) AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017

アプリで読む