Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

宮城県の新米PRイベントに登壇したサンドウィッチマン。

サンドが宮城の新米PR、相方へ感謝伝えるもウソ発見器が反応

19/9/27(金) 13:30

サンドウィッチマンが昨日9月26日、都内で行われた宮城県の新米PRイベント「令和元年産宮城米説明会」に出席した。

昨年に続き「宮城米メッセンジャー」に任命された宮城出身の2人。本日9月27日より彼らが出演する新CMが放送されており、伊達が弁当屋の店主、富澤がその常連ビジネスマンを演じた。イベント内で伊達は「いつも富澤が主役で疑問に思っている」、富澤は「役者としてのスキルが上がっています」とそれぞれ話して会場の笑いを誘う。富澤はCM撮影を振り返って「お弁当を買って喜んでスキップをするシーンが、両膝に水が溜まっているので痛かった。痛みに耐えてよくがんばった」と明かした。壇上では2人がしゃもじさばきと飯盛り技術で対決するコーナーも展開され、伊達がおひつに入ったご飯を斜めに切りながら「斜めに切ってカロリーゼロにしている。おひつはカロリーを吸収してくれるから大事」と持論を述べる。

また日頃の感謝の気持ちを込めて相方のために宮城米でおにぎりを握る企画では、彼らのコンビ愛が本物であることを証明するためにウソ発見器が用意された。伊達が作ったおにぎりを富澤に渡して「いつも面白いネタをいっぱい作ってくれてありがとう」と感謝の気持を伝えるとウソ発見器が作動。これに伊達は「上っ面だけだったのかなぁ? じゃあ、そうなのかな」と話して笑う。一方の富澤も「いつもツッコんでくれてありがとう。最近血圧が高いから気をつけて。死なれちゃうと困る」と伊達に伝えたところウソ発見器が反応してしまい、「俺は伊達に死ねと思っているっていうこと?(笑)」と自分にツッコんでいた。

サンドウィッチマン コメント

伊達:今年もおいしい宮城のお米ができました。全国の方に食べていただき、農家の皆さまに感謝しながら、宮城の米を感じていただきたい。田んぼも増え、被災地も田んぼになってきています。ぜひ宮城米、食べてみてください。

富澤:炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、男性はふくよかな女性が好きなので、ぜひ宮城米食べてください。

アプリで読む