Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「中京テレビ開局50年 池上彰と考える“フェイクニュース” サンドウィッチマンさん、そのハナシ信じてイイの!? もう何がホントかわかりませんSP」に出演する、サンドウィッチマン、池上彰(右)、松原朋美アナ(左)。(c)中京テレビ

サンドと池上彰がフェイクニュース見抜く方法考える特番、カミナリは漫才披露

ナタリー

19/11/22(金) 11:11

サンドウィッチマンと池上彰がMCを務める「中京テレビ開局50年 池上彰と考える“フェイクニュース” サンドウィッチマンさん、そのハナシ信じてイイの!? もう何がホントかわかりませんSP」(中京テレビ)が、明日11月23日(土・祝)に放送される。

これは大災害が起きたときに飛び交う膨大な情報の中から「命を守る情報」を手に入れ、フェイクニュースを見抜く方法を考えていく特番。サンドは東日本大震災での体験を語るほか、愛知県内の大学生たちと徹底討論する。カミナリもスタジオで「フェイクニュース漫才」を繰り広げる、楽しみながら情報を読み解く力を鍛えられそうな90分だ。

収録後コメント

池上彰:私たち大人は、「今の若い人たちはすぐにフェイクニュースにだまされるんじゃないか」と思っている人が多いと思いますが、収録で若者たちと議論する機会を得て、非常にしっかりしていると感じました。上から目線で「メディアリテラシーを身につけなければいけない」と言っている自分はどうなんだ、と刺さるような思いがあります。フェイクかフェイクでないかは幅広い常識を身に付けているとある程度わかるんですよね。学校でしっかり勉強して常識を身につける。これがフェイクニュースにだまされない、大きな力になるんだと思います。

サンドウィッチマン:ネットニュースを見ますけど、フェイクニュースなのか、判断って実に難しいです。我々は東北の人間で、あの震災があったときにいろいろ経験しました。これは嘘だなとか、これは本当なのか、それがわかるようになってきたんです、「経験」で。見極めることはとても難しいですが、いろいろな経験を積んで、フェイクニュースを見抜く力を身につけてほしいと思います。

中京テレビ開局50年 池上彰と考える“フェイクニュース” サンドウィッチマンさん、そのハナシ信じてイイの!? もう何がホントかわかりませんSP

中京テレビ 2019年11月23日(土・祝)13:30~14:55
<出演者>
MC:池上彰 / サンドウィッチマン
アシスタント:松原朋美(中京テレビアナウンサー)
フェイクニュース漫才:カミナリ
ナレーター:沢城みゆき

アプリで読む