Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「下忍 赤い影」に静役で出演する山口まゆ。

寛一郎主演の忍者アクション「下忍 赤い影」に山口まゆ出演、薩摩藩の姫役

ナタリー

19/8/8(木) 12:00

寛一郎が主演を務める「下忍 赤い影」に、山口まゆが出演することがわかった。

幕末を舞台にした本作は、鳥羽伏見の戦いの裏側で繰り広げられる諜報戦を描いた忍者アクション。寛一郎は忍者組織の最下層である下忍の末裔・竜を演じた。本作は、結木滉星扮する琉球武術の達人・尚を主人公に据えた「下忍 青い影」との2部作となっている。

山口は竜とともに江戸から薩摩へ旅をする薩摩藩の姫・静役で出演。「気品のある姫と、外の世界を知らない少し幼い姫の、二面性を演じられるように心掛けました」と撮影を振り返る。また「寛一郎さん演じる竜はとてもクールなのですが、どこかだらしがなく未完成なところが私はすごく好きで、そんな竜に女性である静がビシバシときつく当たっていくシーンはなんだかおかしくて、私自身、本当に楽しく演じさせて頂きました」と述べた。なお、結木は「下忍 赤い影」に静の奪還を狙う役どころで出演する。

「下忍 赤い影」は10月4日、「下忍 青い影」は11月15日に東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほかで公開。山口義高が監督を務め、坂口拓がアクション監修を担当した。

山口まゆ コメント

私にとって初めての時代劇で、衣装やヘアメイク、セリフの言い回しなど全てが新鮮でした。
静は幕末の時代を生きるお姫様。身分は高いのですが、人を見下すような真似はしない、強くて自分に自信があるそんな役でした。反面、藩邸の外の世界を知らない子供のような部分もある静。寛一郎さん演じる忍者の竜に攫われた事によって、内に秘めていたものが解放されて自分自身と向き合っていくことになるのですが…
私はとにかく、気品のある姫と、外の世界を知らない少し幼い姫の、二面性を演じられるように心掛けました。
寛一郎さん演じる竜はとてもクールなのですが、どこかだらしがなく未完成なところが私はすごく好きで、そんな竜に女性である静がビシバシときつく当たっていくシーンはなんだかおかしくて、私自身、本当に楽しく演じさせて頂きました。

(c)2019「下忍」製作委員会

アプリで読む