Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から鈴鹿央士、広瀬すず。

鈴鹿央士、“芸能界に入るきっかけ”の広瀬すずと「蜜蜂と遠雷」公開記念で対談

19/9/27(金) 7:00

「蜜蜂と遠雷」で俳優デビューを果たした鈴鹿央士と、鈴鹿をスカウトした広瀬すずによる対談映像がYouTubeで解禁された。

恩田陸の同名小説を「愚行録」の石川慶が実写化した本作は、それぞれ複雑な背景や葛藤を抱える4人の天才ピアニストたちの闘いと成長を描いた音楽群像劇だ。広瀬の主演作「先生! 、、、好きになってもいいですか?」の撮影にエキストラとして参加していたところ、彼女の目に留まりスカウトされた鈴鹿。その後、100人のオーディションの中から国際ピアノコンクールに波乱を巻き起こす謎の少年・風間塵役を勝ち取った。

そんな鈴鹿のデビュー作を、いち早く鑑賞した広瀬は「感動しました。すごいですね。無重力な世界にいそうな、不思議な存在感でした。普段の央士くんは独特な雰囲気なんですが、(風間塵と)リンクする瞬間があって、素敵でした」と感想を語る。また鈴鹿は広瀬に対し「すごく尊敬しているし、芸能界に入るきっかけになった方です。尊敬、感謝……。何で僕を選んだんだ?というネガティブじゃなくて、ポジティブな気持ちです(笑)」と感謝を伝えた。そのほか撮影現場で鈴鹿を見出したときや初共演を果たしたNHK連続テレビ小説「なつぞら」のエピソードも語られている。

「蜜蜂と遠雷」は10月4日より全国ロードショー。

(c)2019映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

アプリで読む