Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

井ノ原快彦、親子役で共演した道枝駿佑と“タメ口協定”結んだ

ぴあ

20/10/13(火) 20:19

TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美による感動エッセイを映画化した『461個のおべんとう』の完成披露試写会が10月13日、都内で行われ、親子役で共演した井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)が出席。親子の雰囲気を表現するため、撮影中に2人の間で“タメ口協定”を結んだ舞台裏が明かされた。

原作は「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)。井ノ原が息子のために弁当を作り続けるミュージシャンで、シングルファザーの鈴本一樹、そして道枝が一樹の息子・虹輝を演じている。ふたりの年齢差は26歳あり、井ノ原は「僕にとって26歳年上の先輩はいないですからね。みっちー(道枝の愛称)の気持ちも分からなくて(笑)。それでタメ口協定を結んだんです」と話していた。

また、劇中で料理の腕を振るう井ノ原が「個人的にも練習をした玉子焼きを、お昼にみっちーに食べてもらった」と照れくさそうに振り返ると、道枝は「毎回、味を変えてきてくださって。紅ショウガが入ったのが、すっごくおいしかった」と満面の笑みを浮かべていた。

井ノ原と道枝は、原作者である渡辺が作詞作曲を担当した映画主題歌「Lookin’4」を一緒に歌っており、「何か形になれば。レコード会社の皆さん、よろしくお願いします!」(井ノ原)、「ご一緒してすごく楽しかったですね。動きもアドリブで。役柄を離れて、素で楽しめた」(道枝)。撮影中には井ノ原から道枝にギターが贈られたといい、井ノ原は「大事に使ってくれそうだと思ったので、お近づきの印に。一生懸命練習をしていたので、(ツアーなどで)ギターを披露する姿を見たら、イノッチのおかげだと思って」と笑いを誘った。

撮影は約1年前に行われ、井ノ原は「まさか1年経ってこんなこと(コロナ禍)になるなんて。いい意味で、何も起こらないのが魅力の作品なので、この時期に見ていただけることに、意味があると思う」とアピール。道枝も「当たり前のことが、実は当たり前じゃないと再確認できる、いろんな絆が生まれる映画です」と胸を張っていた。完成披露試写会には共演する森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、兼重淳監督(『キセキ-あの日のソビト-』『泣くな赤鬼』)が同席した。

取材・文・写真=内田 涼

『461個のおべんとう』
11月6日(金)全国公開

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む