Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(C)2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会

第2次世界大戦を数学者の視点で描く 『アルキメデスの大戦』が本日より公開

ぴあ

19/7/26(金) 0:00

かつてない斬新な切り口で描く歴史エンタテインメント作品、『アルキメデスの大戦』が本日より公開される。1930年代の日本を舞台に、アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍で繰り広げられる、“戦艦大和建造”を巡る知略、謀略、そして数学を駆使した頭脳戦が描かれる作品だ。

原作は、『ドラゴン桜』『インベスターZ』などの三田紀房による同名漫画。監督は、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『永遠の0』『DESTINY 鎌倉ものがたり』などで知られる山崎貴だ。戦艦大和の“壮絶な最期”を、圧巻のVFXでスクリーンによみがえらせる。

物語の舞台は、1930年代の日本。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。その計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は、“大和”建造を阻止するため、帝国大学100年にひとりの逸材で、“アルキメデスの再来”と呼ばれる天才数学者・櫂直を引き入れる。櫂は、数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる“大和”建造費の見積もり額に矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとするのだが……。

主人公の天才数学者・櫂を演じるのは、『帝一の國』『火花』などの菅田将暉。名実ともに、今後の日本映画界を支える俳優となった彼が、日本の命運を握る天才数学者に扮する。菅田本人は本作に対して、「夢と現実に生きる僕ら現代人に突き刺さる題材だと思います。今やらなければならない作品だと思いました。使命感をもって臨んでいきます」と述べている。

その他の出演者としては、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯、舘ひろしらといった、若手からベテランまで、日本を代表する錚々たるキャスト陣が本作には集っている。

劇中では、最高機密として隠されている“戦艦大和の設計図”を、見たこともないはずの櫂が再現してみせるという重要なシーンがあり、主演の菅田はクランクイン前から“戦艦の製図”を練習したり、準備に余念がなかったようだ。それぞれの“日本の未来への想い”がぶつかり合う本作を、ぜひ夏の劇場で体験していただきたい。

『アルキメデスの大戦』
7月25日(金)公開

アプリで読む