Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「太陽の蓋」再編集版を公開、北村有起哉、室井佑月、山本太郎ら登壇

ナタリー

21/2/25(木) 13:00

「太陽の蓋」メインビジュアル

2016年に公開された「太陽の蓋」が、再編集を施され2月27日より東京・ユーロスペース、3月20日より神奈川・シネマ ジャック&ベティほかで上映される。

「太陽の蓋」は福島第一原子力発電所事故の真相を追う新聞記者・鍋島を中心に、当時の官邸の様子、そして東京や福島で暮らす市井の人々を描いた作品。「hide 50th anniversary FILM JUNK STORY」の佐藤太が監督を務めた。

ユーロスペースでの10時30分の回上映後には、トークイベントを開催。鍋島を演じた北村有起哉のほか、小説家の室井佑月、れいわ新選組代表の山本太郎、立憲民主党の辻元清美、事故当時の内閣総理大臣だった菅直人らが登壇する。

「太陽の蓋」再公開

東京都 ユーロスペース

2021年2月27日(土)~3月5日(金)開映 10:30
2021年3月6日(土)~12日(金)開映 10:30~ / 13:30
<登壇者>
2月27日(土)室井佑月
2月28日(日)福山哲郎
3月6日(土)寺脇研
3月7日(日)永田浩三
3月8日(月)山本太郎
3月9日(火)北村有起哉
3月10日(水)辻元清美
3月11日(木)菅直人

神奈川県 シネマ ジャック&ベティ

2021年3月20日(土・祝)~

(c)「太陽の蓋」プロジェクト / Tachibana Tamiyoshi

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む