Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ミュージカル『ALTAR BOYS』上演中! 東山義久「ひとりでも多くの皆様の魂をお救いできる作品を」 5月合同公演には常川藍里も出演

ぴあ

21/4/14(水) 11:00

『ALTAR BOYZ 2021』より

ミュージカル『ALTAR BOYS(アルターボーイズ )』が東京・新宿FACEで上演中だ。

本作は2004年にアメリカで初演され、翌年05年にベスト・オブ・オフ・ブロードウェイベスト賞に輝く。アメリカでのツアー公演のほか、韓国やハンガリー、フィリピンなど世界各国で上演され、日本初演は09年。日本版の上演は今回で7回目だ。

アルターボーイズとは、神と司祭に仕える美しき男子たちのこと。5人の使徒たちがボーイバンドを結成し、“福音”の歌とダンスで愛を説いて、観客の魂を“浄化”してきた。今回は、2021年世界ツアーの、日本ファイナル公演という設定。はたして、この5人は日本ファイナル終了までに観客たちの魂を全員救うことができるのかーー。

人種差別や移民差別といった現代社会の課題が知的な比喩に姿を変えて、ファンキーでコミカルな愛と希望にあふれたミュージカル全編にさりげなく散りばめられている。バラード、ゴスペル、ラテン、ラップなど、多彩な楽曲とダンスが何とも楽しく、確かに観劇後は“浄化”される気がする。

今回は、チームLEGEND、チームGOLD、チームSPARKという3チーム制での上演。4月9日に行われたチームLEGEND(東山義久、植木豪、中河内雅貴、良知真次、浅川文也)によるゲネプロ(最終舞台通し稽古)を観た。浅川は今回が初参加だが、それ以外の4人は初演から出演し、2017年の公演で一旦は“卒業”した「伝説のメンバー」。以前ぴあアプリで東山にインタビューをした際は「(浅川が)ひとり新しく入るという点では結構大変なんじゃないですかね」と気遣う発言もあったが、それぞれが第一線で活躍しているため、歌でもダンスでもしっかり魅せてくれて、さすがの「LEGEND」だと感じた。

これまで舞台上に観客を連れ出し、目の前でラブソングを歌うなど、観客と近距離でやりとりすることが本作の大きな特徴であったが、それらの演出はコロナ禍でやむなく中止に。その代わりに、あえて「会えない寂しさ」を観客に向かって歌ったり、コールアンドレスポンスではなく拍手を求めたり、恒例の“懺悔”をオンライン上で事前に募集したりと、工夫を凝らしていた。

東山はゲネプロのカーテンコールで「キャスト・スタッフ一丸となってコロナ対策を徹底し、チームLEGEND、チームGOLD、チームSPARKの3チームとともに、千秋楽までひとりでも多くの皆様の魂をお救いできる作品を作ってまいりたいと思います」と挨拶した。

上演時間は約2時間。公演は4月30日(金)まで。なお、5月3日(月・祝)〜5日(水・祝)には、東京・恵比寿ガーデンホールで、3チーム全キャストが参加するスペシャル合同公演の開催も決定。その最終日となる5月5日(水・祝)の2公演限定で、 ALTAR BOYZ 2017&2019に「GOLD」アブラハム役として出演した常川藍里の出演も決まっている。チケットの一般発売は4月24日(土)10:00開始。こちらも忘れずにチェックしよう。

取材・文・撮影:五月女菜穂

公演情報
『ALTAR BOYZ 2021』
作:ケビン・デル・アギラ
作詞・作曲:ゲイリー・アドラー&マイケル・パトリック・ウォーカー
演出:玉野和紀
台本・翻訳:北丸雄二
出演:
<Team LEGEND>東山義久 / 植木豪 / 中河内雅貴 / 良知真次 / 浅川文也
<Team GOLD>大山真志 / 法月康平 / 松浦司 / 石川新太 / 若松渓太
<Team SPARK>小林亮太 / 米原幸佑 / 和田泰右 / 川原一馬 / 北乃颯希

2021年4月30日(金)まで
会場:東京・新宿FACE

[チームLEGEND・チームGOLD・チームSPARK合同スペシャル公演]
2021年5月3日(月・祝)〜2021年5月5日(水・祝)
会場:恵比寿The Garden Hallv 合同スペシャル公演チケット一般発売:4月24日(土)10:00より

アプリで読む