Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「イエスタデイ」ロンドンプレミアイベントの様子。左からエド・シーラン、リリー・ジェームズ、ハイムシュ・パテル。

エド・シーランら、ビートルズがいない世界描く「イエスタデイ」のイベントに登場

ナタリー

19/6/19(水) 19:14

「イエスタデイ」のロンドンプレミアイベントが、現地時間6月18日に英国ロンドンで行われた。

本作はザ・ビートルズの存在が消えてしまった世界を舞台に、イギリスの売れないシンガーソングライター・ジャックが奮闘するコメディ。イベントにはジャック役のハイムシュ・パテルのほか、出演者であるエド・シーラン、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノン、脚本を手がけたリチャード・カーティス、監督のダニー・ボイルらが出席した。

主役に抜擢されたパテルはボイルを「あまりに素晴らしく、気さくな人だから、彼がいかにすごい人物なのかということをすぐに忘れてしまうんだ。一緒に仕事をするのに最高の人だよ」と称賛。「ベイビー・ドライバー」「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」と音楽が重要な役割を持つ映画に出演してきたジェームズは「音楽と映画は私にとってすべてよ! 人生を楽しみ、逃避する方法でもあるの。音楽は別の世界に連れていってくれるもので、なくては生きていけない」と語る。

本業がミュージシャンであるシーランは主人公ジャックのモデルが自身であることについて「うれしかったよ! 彼が(自分と同じ)サフォーク出身だというのが気に入った」とコメント。「かなり前に、リチャードからこういう題材の映画の脚本を書いていると聞いていた。ある日、ダニーと一緒にディナーに招待されたんだけど、そこでいろいろな質問攻めに遭って、なぜそんなに聞かれるのだろうと不思議に思っていたんだ」と明かした。

ボイルはビートルズについて「僕は彼らの出身地から20マイルほどのところで育ったんだ。生き方、仕事、経済、自己表現といった意味でポップカルチャーに火を点けた彼らの偉業を通して、僕たちは今を生きている」と力説。シーランは「子供の頃に言葉を学んでいくのと同じように、小さい頃はビートルズの曲を覚えたものだったよ。この作品はリチャードが脚本を書き、ダニーが監督し、ビートルズの曲があるわけだから、間違いないよ!」と自信をうかがわせた。

「イエスタデイ」は10月11日より全国でロードショー。

(c)Universal Pictures

アプリで読む