Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「バースデー・ワンダーランド」初日舞台挨拶にて、左から原恵一、麻生久美子、松岡茉優、杏、市村正親、milet。

松岡茉優、“好きな人しか呼ばない”原恵一に「次は当て書きの役で!」と目配せ

ナタリー

19/4/26(金) 20:13

劇場アニメーション「バースデー・ワンダーランド」の初日舞台挨拶が、本日4月26日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの松岡茉優、杏、麻生久美子、市村正親、監督の原恵一が登壇した。

柏葉幸子による児童文学「地下室からのふしぎな旅」を原作とした「バースデー・ワンダーランド」は、自分に自信がない少女・アカネが“救世主”としてワンダーランドに連れて行かれ、冒険を繰り広げるファンタジー。アカネ役の松岡は「クライマックスのシーンの濃度がとてつもなくて、初めての体験をしたなと。子供のときから流してないピュアな涙だったと思います」と感動を伝え、「もちろんお子様にも観ていただきたいですけれども、保護者のほうがグッときてしまうシーンが多いかもしれないです」と幅広い年齢に響く作品であることを強調する。

アヌシー国際アニメーション映画祭2019の長編コンペティション部門にノミネートされた本作。原は「本格的なファンタジー映画は初めてで、最初は自信がない部分もありました」と吐露しつつ「やり始めてみたら、ストーリーと登場人物が画面の中でしっかり立っていれば、現実の世界を描く作品と何も変わらない。むしろファンタジーだからこそ自由な世界作りができる楽しさに気付けました」と続け、晴れ晴れとした表情を浮かべる。また「僕、基本的に好きな人しか呼ばないんですよね。役者としても人としても好きな人としか仕事をしたくないんですよ。今回も素敵な人たちを集められて、とてもいい作品になったという自信があります」と正直に述べて登壇者たちを笑わせた。

またアカネの叔母・チィ役の杏は本作について「色とりどり。名前の付いた色は全部出てるんじゃないかっていうぐらい!」とアピールし、アカネの母・ミドリ役の麻生は好きなシーンを「アカネが土手から川を眺めているシーン。普段過ごしている何気ない日常がキラキラ輝いて見えているんだろうな」と説明する。杏の役は原が当て書きしたことから、松岡は「次は杏さんみたいに、当て書きで『これは松岡茉優にやってもらいたいな』という役で出演するのが夢です!」と原に目配せした。

さらに舞台挨拶ではシンガーソングライターのmiletが登場し、本作の挿入歌・イメージソング「Wonderland」を歌う一幕も。透明感あふれる歌声を浴び、原は「空気が変わりましたね」と感想を漏らす。松岡も「miletさんの成熟している部分とみずみずしい部分、鮮やかな部分とモノクロの部分が混ざり合った歌声がこの映画に合っているんだなと感じて、その奇跡に感動しています」と大喜び。市村は「いつか僕もミュージカルでご一緒できたら。予約です」と声をかけ、逆にmiletを感激させた。

「バースデー・ワンダーランド」は全国で上映中。

(c)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

アプリで読む