Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ZOC、それぞれの人生ぶつけ合い命がけの音楽届けた全国ツアー完走

ナタリー

ZOC「ZOC FOR PRAYER TOUR 2021 SUMMER」東京・Zepp Haneda(TOKYO)公演の様子。

ZOCのワンマンツアー「ZOC FOR PRAYER TOUR 2021 SUMMER」最終公演が9月9日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)で開催された。

5月に15歳の新メンバー・鎮目のどかを迎え、6月9日にメジャー1stアルバム「PvP」をリリースしたZOC。アルバム発売翌日の6月10日に東京・TSUTAYA O-EASTでグループ史上最大規模となる今回のツアーをスタートさせ、全国22カ所を回ってきた。このツアーの幕開けを飾ったのは、鎮目のソロパフォーマンス。ライブ自体が初めての経験だった彼女が、アカペラで泣きながら熱唱する様子はYouTubeでも公開され、大きな話題を集めた。

それから3カ月を経て行われたツアーファイナルのオープニングでも、初日公演と同じように鎮目が1人スポットライトを浴びる。緑のペンライトがフロアで輝く中、力強い眼差しで前を見据えた彼女が「family name」を堂々と歌唱し確かな成長を見せると、メンバー全員でのパフォーマンスに突入。6人それぞれが個性を発揮しつつ、より結束を深めたグループとしての一体感を示していった。

コロナ禍に立ち向かう姿勢を示した「CO LO s NA」をはじめとするアグレッシブなナンバーで一気にフロアを沸かせた6人は、MCに入ると今回のツアーを振り返り、鎮目は「3カ月とは思えないくらいあっという間でした。2週間くらい?」と体感時間をコメント。巫まろが「ZOCを怖がってた私の元々のお客さんもライブに来てくれるようになって、私より没頭するくらいの感じで観てくれた」と話すと、大森靖子も「ZOCのライブを楽しんで駆けずり回ってくれた」とファンの印象を語った。

また最初のMCでは「ファンのみんなのためにがんばってます」と語った巫が、大森の振りを受けて“オタクがいるからがんばれるダンス”を披露する場面も。ほかのメンバーが大ウケする中、「はあ、黒歴史……」と落ち込む巫に大森が「塗り替えていってください」と微笑みかけると「ヒアルロンリーガール」でパフォーマンスが再開され、「眼球にGO!」「濃♡厚♡接♡触」とキュートなナンバーが畳みかけるように披露された。

「LiBiDo FUSION」では、この曲のミュージックビデオにも出演したYouTuber・そわんわんが登場。プライベートでも仲のいいメンバーとレッスンをともにしてZOCをもっと好きになったという彼女は、MC明けの「AGE OF ZOC」にも参加し、拳を振り上げて会場を盛り上げる。曲中、そわんわんはステージ中央に設置されたパイプ椅子に着席。その周囲で懸命に踊るメンバーに向かって「がんばってー!」「笑ってー!」とエールを送った。

コラボパフォーマンスから6人のソロコーナーになだれ込み、西井万理那はそわんわんのサポートを受けながら「それな!人生PARTY」をパフォーマンス。続いて巫が「まろまろ浄土」で卓越した歌唱力を見せつけ、主演ミュージカル「悪ノ娘」を控える藍染カレンはセリフ入りの楽曲「紅のクオリア」を凛々しく熱演した。鎮目と雅雀り子は、今回のツアーで初披露され、この日に配信がスタートしたソロ曲をそれぞれ歌唱。鎮目はsugarbeansがアレンジを手がけたロックチューン「Fake baby」をパワフルに歌い、雅雀は神前暁がアレンジを担当したダークな「りこりこ☆くろまじゅつ」で華麗な舞を見せた。

そしてソロパフォーマンスパートのラストを務めた大森は「きもいかわ」を披露し、情念のこもった歌声で観客を圧倒。そこへほかのメンバーも集結すると「①④