Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

阿部サダヲが語る、『いだてん』第二部の見どころ 「笑えるし泣けるし話し合える」

リアルサウンド

19/7/14(日) 12:00

 阿部サダヲ演じる田畑政治が主人公となる『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』第二部が、第25回(6月30日放送)よりスタートした。「口が韋駄天」と評される田畑の早口もあいまって、物語はよりスピーディーな展開で繰り広げられている。出場することに意味があったオリンピックから、「勝つこと」が求められるオリンピックへと変化し、更に物語は今後、戦争へと突入していく。

 リアルサウンド映画部では、田畑を演じる阿部サダヲにインタビュー。演じる田畑の性格から、萩原健一との共演、第二部の見どころまでじっくりと語ってもらった。(編集部)

●田畑を演じる上での“ギリギリのライン”

ーー主人公がマラソン選手である金栗四三(中村勘九郎)から、新聞記者の田畑政治へと移り変わりました。阿部さんが思う第二部の見どころはどんなところですか。

阿部サダヲ(以下、阿部):まずオリンピック選手たちが増えたことですね。初めて出場した時は金栗さんと三島さん(生田斗真)の2人。メダルも取れずというところから、1932年開催のロサンゼルスオリンピックではたくさんのメダルを採ります。その時のお祭り具合、選手が楽しんでいる光景は、いいなって感じがするんです。実際にほかの国の選手たちとも踊ったり、和気藹々としているシーンがあるんですけど、それってオリンピックならではというか、それがやりたかったことなんじゃないかって見えるシーンがあるので。そういったオリンピックの描写は、金栗さんの頃とは変わってきていると思います。選手の実力も世界に通じるようになってきているので、自信がついているんですよね。田畑も外国の選手に物怖じしないし、口が悪いんですよ。「ヤンキーども!」とか言ったり。でも、唯一(アドルフ・)ヒトラーさんにはさすがの田畑もビビってました(笑)。あとは、みなさんが知っている水泳の「※前畑ガンバレ!」のようなオリンピックの名シーンが出てきたりしますし、出演者もガラッと変わったりしています。

※日本人女性初の金メダリストなった前畑秀子(上白石萌歌)の平泳ぎ決勝の際に、NHKの河西三省アナウンサーが「前畑ガンバレ!」を24回繰り返し伝説となったラジオ放送。

ーー田畑は早とちりで落ち着きがない性格です。

阿部:(嘉納)治五郎さんが田畑に言うセリフで、「彼は口が韋駄天だな」というセリフがありましたが、そうじゃなきゃいけないんだろうなと。史実を聞くと、実際の田畑さんも早口で、たまに何を言っているか分からない人だったらしいんです。本当に何を言っているか分からないと視聴者の方に伝わらないので、ギリギリのところまでいけるといいなと思って頑張るんですけど、そこが難しいところで。若い頃に比べて後半では落ち着いてきますけど、考えるより先に口が出てるような部分が出せるといいかなと思って演じています。

ーー薬師丸ひろ子さん演じるマリーから「30歳までしか生きられない」と告げられるわけですが、それをきっかけに田畑のモチベーションはどのように変化していきますか?

阿部:当たらない占いをきっかけに田畑は成長していきます。短命の家系で気づいたら忙しすぎて30歳を超えてたっていう。生きる喜びを見つけて、そこから変わっていくんだと思います。相当、生き生きしながら成長していきますけど、スポーツに関してだけは負けず嫌いな人なんです。「負けても清々しい」と言っている犬養(毅)さんに、「勝たなきゃ駄目です」って言っちゃうような人で、そこが面白いなと思えるし、知らず知らずに関わっている人によって、田畑さんは成長していっているんじゃないかなと思います。急に結婚もします。今後、奥さんの言葉で変わったりすることもたくさんあるような気がします。

ーー妻の酒井菊枝を演じる麻生久美子さんと現場ではどのような会話をされましたか?

阿部:まだ2日間ぐらいしか撮影していなくて、あまり話せていないんですけどね。麻生さんとガッツリお芝居をするのはこれからで、結婚してからは麻生さんと喋るシーンが多いんですけど、職場にいる時は田畑が気づかないくらい黙っている人だったりして。麻生さんは、いるだけで優しい気持ちになれるというか、存在感がある方なんですよね。田畑が一生懸命面白いことを喋っても全く笑わないで、だけど遅くまで一緒に残ってくれたり、毎日夜食のお弁当を持ってきてくれたりする役なんです。会話はなくても分かってくれる、すごくよく気がつく女性だと思います。

●憧れだった“ショーケン”との共演

ーー第25回は萩原健一さん演じる高橋是清のアップという印象的なシーンで幕を閉じました。

阿部:リハーサルの時から存在感がすごかったです。お会いしたのは初めてだったんですけど、「うわ、ショーケンだ……」って感じがしました。ショーケンさんを目指している俳優さんはいっぱいいますし、出演者の俳優さんからもそのシーンのことをすごく聞かれました。自由な演技をされていて、役者はこうじゃなきゃいけないというルールがない姿勢に僕も憧れていました。

 なかなか会えない俳優さんですし、その時はもう会えなくなるとは全く思ってもいませんでした。ご病気だっていうことも知らなかったので。台本にはご自分で書き加えられた文字が沢山あって、すごく熱心に台本と向き合っていらっしゃいました。宮藤(官九郎)さんの台本には、ト書きがあまりないんですけど、「どうしてこっちに動くのか」といった意味づけを考えている方でしたね。田畑は(高橋是清の元に)オリンピックに参加するためのお金を貰いに行ったあと、(第25回以降で)もう一回尋ねるんです。田畑がオランダ土産の木靴を渡すんですけど、アドリブで木靴で僕を殴ってくれたんです。ものすごく痛かったですけど、それで僕はショーケンさんに最後に殴られた俳優だって箔が付いたので嬉しいです。

ーー第25回では金栗と言い争いをするシーンがありましたが、今後2人の共演シーンには期待できますか?

阿部:今後、オリンピックが中止になるのを聞いて、金栗さんが乗り込んでくるシーンがあるんですね。オリンピックとはどういうものかという話を2人でするシーンで、まだ撮ってはいないんですけど、そこでガッツリお芝居をする予定です。

ーー今後のストーリー展開で見所は?

阿部:1940年の東京オリンピック招致の模様が描かれ、様々な国の言語が飛び交う第33回は、僕がほとんど見ているだけの回なんです。副島道正(塚本晋也)さんとか、治五郎さんも英語を喋ってすごい回です。ただ、一貫して田畑は英語を喋んないんですよね。田畑も外交をするようになると思うんですけど、この先今後は星野源(外交評論家/ジャーナリストの平沢和重)くんが喋るらしいので、ホッとしています。

ーー阿部さんが『いだてん』を通して、視聴者に伝えたいメッセージは?

阿部:スポーツを通して明るくなれるということを伝えたいです。スポーツを観ているだけで笑えるし泣けるし話し合えるじゃないですか。スポーツ観戦している様な感覚で観ていただきたいです。

(取材・文=渡辺彰浩)

アプリで読む