Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「タイタニック」主題歌も熱唱、セリーヌ・ディオンの半生描いた映画特報

ナタリー

「ヴォイス・オブ・ラブ」

「ヴォイス・オブ・ラブ」の特報映像がYouTubeで公開された。

本作は、歌手セリーヌ・ディオンの半生を初めて映画化したラブストーリー。ディオンの半生をモデルに、1人の少女が世界的歌姫に成長していく姿と、彼女がデビュー時から恋心を寄せてきたプロデューサーとの恋愛がフィクションを交えて描かれる。「モンテーニュ通りのカフェ」のヴァレリー・ルメルシエが監督、脚本、主演を担当した。

映像には、ディオンのゴージャスなステージの数々が。「タイタニック」の主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」を歌うシーンも収められている。なお劇中には「オール・バイ・マイセルフ」「アイム・アライヴ」といったヒット曲も登場。劇中のディオンの全楽曲を歌唱する大役には、11歳の頃からフランスで活動している歌手ヴィクトリア・シオが抜擢された。

「ヴォイス・オブ・ラブ」は12月より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。

(c)Rectangle Productions/Gaumont/TF1 Films Production/De l'huile/Pcf Aline Le Film Inc./Belga

アプリで読む