Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

植田圭輔

3大怪獣を国立競技場で海鮮丼に?植田圭輔が河崎実の監督作で主演「不思議な喜び」

ナタリー

19/9/5(木) 18:00

「劇場版『王室教師ハイネ』」や「クロガラス」シリーズで知られる植田圭輔の主演作「三大怪獣グルメ(仮題)」の製作が決定した。

「三大怪獣グルメ」では、寿司屋の息子であり天才科学者の雄太が人類史上最悪の怪獣に挑むさまが描かれる。ことの始まりは雄太が奉納用のネタを誤って隅田川に落としてしまったこと。その食材が変異し、巨大なタコとなって東京に出現する。さらに巨大イカと巨大カニも現れ、東京は壊滅の危機に。3大怪獣を国立競技場で海鮮丼にすべく、SMAT(seafood monster attack team)による決死の作戦が開始される。

植田は雄太役で出演。「いかレスラー」「日本以外全部沈没」の河崎実がメガホンを取った。また「孤独のグルメ」で知られるマンガ家・久住昌之が監修を担当する。植田は「最初に台本を読んだときは頭の中にたくさんの『?』が浮かびましたが(笑)、とにかく河崎監督の独特過ぎる世界観に自分が入れるという事で、不思議な喜びを感じてます」とコメント。河崎は「この度原点に還り、完璧にバカバカしい映画を製作できることは無上の喜びです。期待しないで見ると意外と面白いと思いますので、是非ご覧ください!」とメッセージを送っている。

なお、ほりのぶゆきによるコミカライズも決定しており、9月末よりWEBコミックガンマで連載が開始予定。CAMPFIREでは製作・配給・宣伝費を募るクラウドファンディングが行われている。

河崎実 コメント

わたしが18才の時初めて撮った8ミリ映画が「フウト」という、隅田川に落としたすき焼きの具の豆腐・肉・ネギが巨大化して怪獣となり暴れだし、最後は当時の後楽園球場ですき焼きになるというものでした。
あれから42年、プロになっても「いかレスラー」「ギララの逆襲」など、どうかしている作風は一貫しています。
この度原点に還り、完璧にバカバカしい映画を製作できることは無上の喜びです。
期待しないで見ると意外と面白いと思いますので、是非ご覧ください!

植田圭輔 コメント

「三大怪獣グルメ(仮)」に主人公“雄太”役で出演させて頂く植田圭輔です。
最初に台本を読んだときは頭の中にたくさんの「?」が浮かびましたが(笑)、とにかく河崎監督の独特過ぎる世界観に自分が入れるという事で、不思議な喜びを感じてます。
完成がどうなるか今は想像できませんが、とにかく一生懸命この役を生きます!
どうぞご期待下さい!

アプリで読む