Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

音楽朗読劇「VOICARION」、孔明描く新作と初演演出版「信長の犬」が大阪・愛知で上演

ナタリー

20/12/1(火) 14:15

「プレミア音楽朗読劇『VOICARION X 大阪歴史絵巻 孔明最後の一夜』」ビジュアル

「プレミア音楽朗読劇『VOICARION X 大阪歴史絵巻 孔明最後の一夜』」と「プレミア音楽朗読劇『VOICARION XI 御園座声歌舞伎 信長の犬』」がそれぞれ1月に、大阪と愛知で上演される。

「VOICARION」は、藤沢文翁が原作・脚本・演出を手がける音楽朗読劇シリーズ。1月16・17日に大阪・新歌舞伎座で上演される新作「孔明最後の一夜」は、その第10弾となる。本作では、中国を舞台に、天才的な軍略家でありながら、三国時代の最弱の王・劉備の軍師となった諸葛亮孔明を主人公にした物語が展開。出演者には島崎信長、下野紘、諏訪部順一、朴ろ美、安元洋貴、山口勝平、山寺宏一が名を連ねた。チケットの最速先行予約は12月12日11:00から18日11:00まで受け付けられ、一般販売は12月25日10:00に開始される。

また、9月に東京・帝国劇場でも上演された「信長の犬」が、2018年の初演演出版で上演されることも明らかに。本作は、戦国時代に活躍した日本初の軍用犬の実話をもとにしたもので、動物との交流から呼び起こされる“人間らしさ”を描き出す。キャストには「孔明最後の一夜」にも出演する諏訪部、朴、山口のほか、石田彰、井上和彦、浪川大輔、保志総一朗がそろった。公演は1月30・31日に愛知・御園座にて。チケットの一般販売は12月26日10:00に開始される。

なお、2016年から好評を博している「VOICARION」シリーズが新歌舞伎座、御園座で上演されるのは、今回が初めてとなる。

「プレミア音楽朗読劇『VOICARION X 大阪歴史絵巻 孔明最後の一夜』」

2021年1月16日(土)・17日(日)
大阪府 新歌舞伎座

原作・脚本・演出:藤沢文翁
作曲・音楽監督:村中俊之
出演:島崎信長、下野紘、諏訪部順一、朴ろ美、安元洋貴、山口勝平、山寺宏一

「プレミア音楽朗読劇『VOICARION XI 御園座声歌舞伎 信長の犬』」

2021年1月30日(土)・31日(日)
愛知県 御園座

原作・脚本・演出:藤沢文翁
作曲・音楽監督:村中俊之
出演:石田彰、井上和彦、諏訪部順一、浪川大輔、朴ろ美、保志総一朗、山口勝平

※島崎信長の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。
※朴ろ美の「ろ」は王へんに路が正式表記。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む