Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

BiSH「紅白」初出場に向けて「気負わずにありのままの自分たちを出せたら」

ナタリー

BiSH(写真提供:NHK)

12月31日(金)にNHK総合ほかで放送される「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月28日に東京・東京国際フォーラムで行われている。この記事ではBiSHのコメントを紹介する。

12月24日に放送された日本テレビ系「スッキリ」にて、2023年で解散することを発表したBiSH。彼女たちは「第72回NHK紅白歌合戦」で「プロミスザスター」をパフォーマンスする。6人は写真撮影で元気あふれるポージングをキメたあと、マイクを握った。セントチヒロ・チッチは「これまで紅白に思いを馳せてきて、出たい出たいと言い続けてきたのでうれしいです。BiSHらしく気負わずにありのままの自分たちを出せたらと思います」と意気込む。記者から解散時期についての質問が飛ぶと、「まだ時間は長いです。(解散時期の発表については)ちょっとお待ちくださいませ」と語った。

今年1年を振り返って、モモコグミカンパニーは「いろいろなことを経験させていただいた1年でした。周りの皆さんからもらう力がどれだけありがたいかと感じました」と語り、ハシヤスメ・アツコは「ツアーができたことが大きかったです。あとは初めてのこともたくさんやらせてもらったなと。怒涛の1年だったんですけど、1人ひとりが活躍できた最高の1年でした」と誇らしげな表情を浮かべた。最後にアユニ・Dが今年の漢字1文字は「笑」であると発表。「去年は6人で会うこともあまりできなかったけど、この1年は6人でいることが多かったなって。6人そろうと自然と笑顔が生まれるので、『笑』という字があっているのかなと思います」と笑った。

アプリで読む