Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「コンフィデンスマンJP」Blu-ray / DVD発売イベントの様子。左から田中亮、関水渚、小手伸也。

長澤まさみ、小手伸也に「大反省するように!」、新子猫の関水渚は「夢のよう」

ナタリー

19/12/3(火) 21:23

「コンフィデンスマンJP」のBlu-ray / DVD発売イベントが本日12月3日に東京・フジテレビマルチシアターで行われ、キャストの小手伸也らが登壇した。

「子猫ちゃんたちの集い ~令和元年大反省会編~」と題されたこの日のイベントには、本作のファンが集結。小手は恒例となった「いたのか五十嵐!」というコールアンドレスポンスを観客と交わしトークをスタートした。最初のコーナーでは、ファンから募集した映画のさまざまな重大ニュースを発表。「三浦春馬がかっこよすぎた」「ボクちゃんの『好きなんだ!』」といった映画の感想や、「五十嵐プライベート問題」「五十嵐のウソがばれた!」という小手自身のニュースも読み上げられる。思わず苦笑した小手だが、「多方面の方にご迷惑をお掛けしたことを、改めてお詫びしたいと……。今回は大反省会ということで、改めて1年を総括したうえで新しい年を迎えられたらなと思います」と申し訳なさそうに頭を下げた。

イベントでは、ちょび髭役の瀧川英次と電話で話す場面や、長澤まさみからのメッセージ映像が流れる場面も。瀧川は「今日はダー子さんからの司令を受けて、日光江戸村にちょんまげを付けて潜入しています」と冗談交じりに報告し、重大ニュースとして小手のプライベート問題をいじろうとしたところ、小手から「そこまでだ!」と制止される。小手は長澤からも「五十嵐! 君はちゃんと大反省するように!」とメッセージを送られ「すごい冷や汗が出てきた」と恐縮しきりだった。

後半には「コンフィデンスマンJP」第2弾のタイトルが「コンフィデンスマンJP プリンセス編」に決定したことと、新キャストとして白濱亜嵐(EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE)、関水渚、古川雄大、柴田恭兵、北大路欣也の出演が発表された。ここから監督の田中亮、関水がステージに登壇。ダー子の子猫としてチームに新加入する“コックリ”役の関水は「あの『コンフィデンスマン』に出られるんだ、と夢のようでした」と参加を喜び、「撮影は緊張したんですが、周りの先輩方が優しくしてくださいました」と振り返る。

「うちの現場は五十嵐以外には優しいんです」と続けて笑いを誘った田中は、関水のオファー理由を「この役には確かな演技力と抜群の透明感がある方、何よりも撮影中に成長してくれる方がいいなと思っていました。そう考えたときに、関水さんしかいなかったんです」と明かした。マレーシアのランカウイ島でのロケについて、小手は「北大路さんとはご一緒できなかったんですが、(新キャストの)皆さんと夜一緒にお食事をさせていただきました」と回想。さらに「亜嵐くんは空き時間にジェットスキーに乗っていましたからね」と裏話を披露した。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」は5月1日に全国で公開。世界有数の大富豪一族・フウ家当主のレイモンド・フウが死去したことから、10兆円の遺産を巡ってコンゲームが繰り広げられる。

(c)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

アプリで読む