Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

坂上 忍が語る、デヴィッド・ボウイの魅力「変化に対して勇気を持ったアーティストだ」

リアルサウンド

14/11/19(水) 17:50

20141118-sakagami1.jpg

 

 デヴィッド・ボウイのデビュー50周年を記念したベストアルバム『NOTHING HAS CHANGED 〈DELUXE EDITION〉』が11月19日にリリースされる。1964年のデビューシングルから、2013年の『THE NEXT DAY』まで収録された今作は、ロックヒストリーを代表するデヴィッド・ボウイを知る上で、重要な1枚だ。今回は、今年8月の『FNSうたの夏まつり2014』で「レッツ・ダンス」を披露し、話題になった坂上 忍さんにインタビュー。長年のボウイ・ファンである坂上さんにデヴィッド・ボウイの魅力を訊いた。

「こんなにおしゃれで品のある変態っているんだ」

坂上 忍(以下、坂上):その前に「堂本兄弟」(5月)という番組に声をかけられたときに唄ってくれないかと言われまして。候補曲を5曲提出してくれということだったんですが、視聴者の方がよく知ってる邦楽の方がいいのかな、と思いながら候補を出したんですね。しかし、ぼくは基本的に邦楽をよく知らないので、1曲だけボウイの「レッツ・ダンス」に差し換えて提出したんです。測るわけじゃないんですけど“どうせ、こういうの選ばないんでしょ”って気持ちで書いたら、プロデューサーさんが同年代ということもあって、「レッツ・ダンス」でお願いしたいって言われたんです。それでちょっと喜んじゃって、調子に乗って唄っちゃったら、FNSにも出てもらえないかって言われて。もう、最悪ですよね(苦笑)。だって、歌手のひとばっかりのなかでねぇ。それで、そのプロデューサーさんが慰めの言葉でぼくに言ったのが“去年は三谷幸喜さんが唄ってくれましたから”って。ああ、ぼくはその枠なんだって思いましたよ(笑)。それで大分気が楽になって、やらせていただいちゃいました。

――反響はいかがでしたか?

坂上:アッコさん(和田アキ子)は、びっくりしてました。会場についてアッコさんの楽屋に挨拶しに行ったんですが、“何でお前が来てるんだ”って言われて(笑)。アッコさんも大先輩ですけど、あの年代で洋楽に対する強い想いのようなもの、レイ・チャールズが大好きな方ですからね。だから、ぼくがデヴィッド・ボウイを唄うということに対して、非常に驚かれていましたし、とても偉いと言われました。

――ロックとの出会いを教えてください。

坂上:4つ上の兄の影響で、ディープ・パープル、レッド・ツェッペリン、レインボー、チープ・トリックなんかを盗み聴きしていました。それで、洋楽ってカッコいいなって思って「ロッキング・オン」とか「ロッキンF」などの雑誌を買って、最初はマネから入っていきました。それで小林克也さんの「ベストヒットUSA」が大好きで、あの番組でデュラン・デュランとかカジャグーグーやU2を知って衝撃を受けたんです。それでイギリスのロックに傾倒していくなかでボウイとも出会ったんです。デュラン・デュランもそうだったと思うんですけど、ボウイに対するリスペクトを持ったひとたちに興味を持ったんですね。それ以前からボウイは知ってましたけど『アラジン・セイン』のジャケットのイメージばかりでどんな音楽をやってるかはあまりわかっていなかったんです。でも、彼らを通してそんなすごいひとなんだって気づいて、聴くようになってびっくりしたんです。例えるとするなら演劇的とでも言うんですかね。お芝居と音楽の間くらいの感じがして。それからは音楽性がどうこうと言うよりも、デヴィッド・ボウイはデヴィッド・ボウイなんだっていう認識になりました。そこで『レッツ・ダンス』(1983年)が出て、さらにやられちゃいましたね。

――ボウイのどこに魅かれたんでしょう?

坂上:まず、カッコいい。そして金髪。歯並びの悪さ(笑)。服装。それと以前はグラム・ロックって言われてましたけど、ニューウェイヴっていう言葉と存在に魅かれちゃいましたね。それまではディープ・パープルとか聴いてたんですが、彼と出会って、こんなにおしゃれで品のある変態っているんだ、って思いましたね。中性的って言うのか、舞台役者っぽかったんですよね。それでデヴィッド・ボウイという存在に強烈にはまっちゃいました。それがあって映画『戦場のメリークリスマス』(83年)だったんで、それでまたびっくりしたし、確信を持ったんです。あ、やっぱりこのひとはミュージシャンとか役者というくくりじゃなくて、エンターテイナーと言うかアーティスト、芸術家っていうタイプのひとなんだって思いましたね。

――お好きな楽曲は?

坂上:ぼくが最初に聴き始めたのは『レッツ・ダンス』と『トゥナイト』(84年)からですが、そのあと遡って全部聴きました。それでもトータルで一番好きなのは「チャイナ・ガール」です。あの“しーっ”って指を唇にあてるやつ(プロモーション・ヴィデオにも写っている)。ボウイの曲には歌詞じゃなくて“しーっ”とか“ハー”とか“ウー”っていうのがよくあるんですけど、そういうところが何かお芝居っぽくて。それはCDで聴くよりも映像で観た方がわかりやすくて、役者の匂いが漂ってきますね。歌い方にしても、語りかけたり、ひとり二役をやったりとかはミュージシャンのひとがやる芝居のレベルではないですよね。そこがほかの方とは一線を画すところじゃないですかね。

――お好きなアルバムは?

坂上:それはもう『レッツ・ダンス』ですよ。一番好きですね。これに入っている「モダン・ラヴ」も好きですね。あのイントロを聴くとしびれますね。『トゥナイト』に入っている「ブルー・ジーン」や「ダンシング・ウィズ・ザ・ビッグボーイズ」も好きです。タテ乗りの曲が好きですね。

20141118-sakagami3.jpg

 

「目が違うんですよね。魅入られるというか吸い込まれるというか」

――ボウイは、グラム、ベルリン時代、ニューウェイヴ、そして『レッツ・ダンス』でのメガ・ヒット期とさまざまな時期がありましたが、どの時代がお好きですか?

坂上:聴きやすいのは『レッツ・ダンス』とかの時代だと思うんですけど『スケアリー・モンスターズ』のころもいいですよね。「ファッション」とか好きです。これに影響されてデュラン・デュランとか出てきましたものね。

――ライヴはご覧になられたことはありますか?

坂上:ぼく、生ではないんですよね。機会があったら観にいきたいですよ。ボウイはぼくより20歳うえなんですよね? え、67歳!? でもまた、ぜひやってほしいと思います。

――シンガーとして、俳優として意識した、あるいは影響を受けた点は?

坂上:中学生のころにカッコから入ってましたから。シャツに吊りバンドして、白いズボンをはいて、パナマ帽みたいなのをかぶって。いま思えばメチャメチャ恥ずかしいカッコしていました。全然似合ってなかった(苦笑)。イギリスにレコーディングに行ったのは18、9歳のころだったと思うんですけど、その前に1回プライヴェートでひとりで行ってるんですよ。そのときワム!のヘア・メイクをやってるひとの店(美容院)があるって聞いたので、予約して、空港に着いてホテルに寄らずに直にそのひとのお店に行って金髪にしてもらったんです。ボウイみたいに。そのあとソーホーの服屋に行って、(ネオ・)サイケな格好になって街を歩いてたら、地元にひとにメチャメチャ嫌われましたね。それでもくじけずに夜、ディスコに行ったんです。そこは地下にあったんですが、オーナーさんが日本人だって聞いていたので、ちょっとは安心かな、と思って。階段を下りていったら、モヒカンのマネキンがいたんですよ。ところがそれは本物の人間で。これ、ヤバイな、と思いながら店に入っていったら、またなかはそんなひとたちばっかりで。そこでも“日本人が何で金髪にしてるんだ!”って言われて袋叩きにあったんです。そのときは気づいたオーナーさんが止めに入ってくれて、何とかなったんですが、散々な目にもあってるんです。

――大変な目に遭いましたね。

坂上:まぁ、それくらいブリティッシュ・ロックにはまっていたんですね。もちろんレコード屋さんにも行って、そのときはハワード・ジョーンズとかデペッシュ・モードとかあそこらへんを買いまくりましたからね。楽しかったですよ。いまだにあのころの曲がやっぱり好きですね。そんななかでもボウイは別格でしたね。好きな曲はもちろんいっぱいあって、こんなこと言ったら何なんですけど、歌がうまいっていう印象があまりないんですよ。ただ……何か、三輪明宏さんみたいな感じ? 紅白歌合戦での三輪さんの「ヨイトマケの唄」って強烈だったじゃないですか。あれにはたぶん若いひとたちも衝撃を受けたと思うんですけど、ボウイを見ると三輪さんみたいな感じがします。

20141118-sakagami5.jpg

 

――今回、ボウイのデビュー50周年を飾る作品として発売される『ナッシング・ハズ・チェンジド』ですが、タイトルは〈何も変わっていない〉という意味です。坂上さんも長いキャリアをお持ちですが、共感する部分はありますか?

坂上:共感と言うと恐れ多いですけどね。ぼくがこの1、2年バラエティ番組に出させていただくようになって、“こんなひとだったの?”とか“そういうひとだと思っていなかった”だとか意外な印象を持っていただいてる方が多いと思うんですけど、実はぼくも何も変わっていないんですよ。当然、歳を重ねることによってそれに応じた変化はあると思いますけど。例えばお芝居とかしていても、若いときはうまくなりたいとか向上心があるじゃないですか。それが年齢を重ねていくと、削ぎ落とすじゃないんですけど、余計なことは何もしたくないと思うようになっていって。着飾ることをやめたいとか芝居と思われるのは嫌だとか、よりプレーンな方向にいきたくなるものだと思うんですよね。先輩の役者さんとお話してても、芸を突き進むひともいれば、逆に芸を削いでいって生まれたままの姿で出ていった方がよっぽど伝わるんだっていうタイプのひとがいて、ぼくは後者の方が好きなんだっていうのがわかってきたんです。そうすると何も変わらなくていいし、極端に言えば何もやらなくてもいいし。気持ちさえあれば。そう思い出したのは40歳過ぎてくらいからですかね。それでずいぶん気が楽になった部分があると思います。だからこのタイトルをつけた気持ちがわかると言うとかなり生意気になっちゃいますけど、さすが粋なタイトルと言うか。20もうえの67歳の先輩が、こういうことを言ってくれるとぼくらは楽になります。〈あ、これでいいのかもしれない〉っていう。

――『ナッシング・ハズ・チェンジド』は3種(3CD、2CD、1CD)のフォーマットで発売され、そのなかでも1CDは日本だけにボウイ自らが選曲して特別に許されたヴァージョンです。

坂上:それも嬉しいですね。彼は日本ひいきですものね。やっぱりぼくは「チャイナ・ガール」が入ってるのが嬉しいです。シングルにはなりましたけど、そんなに派手な曲ではないんでね。これを入れてくれたことに感謝です。とにかくこの曲が好きで、これを『レッツ・ダンス』からシングル・カットしてくれたときも喜びました。ジョン・レノンとやった「フェイム」も入っていますし、これを聴けばボウイがわかるって感じですよね。どうせだったら写真集も一緒に出してくれればよかったのに(笑)。何でボウイの写真ってこんなに魅力があるんだろうっていつも思っていましたから。目が違うんですよね。魅入られるというか吸い込まれるというか。ぼくはそっちじゃないんですけど、ボウイだったらちょっと……って気にさせられる目をしていると思いますよ(笑)。

20141118-sakagami4.jpg

 

「ボウイの好きなところって100人中100人に好かれないところ」

――「FNSうたの夏まつり2014」で坂上さんが「レッツ・ダンス」を唄ったことによって、あらためてボウイに興味を持つ方もいらっしゃるかもしれません。そういう意味ではこの『ナッシング・ハズ・チェンジド』はいい入り口になるとも思うのですが。

坂上:このアルバムは初期のものから近年のものまで入ってるんですが、どれもまったく古くないですからね。個人的にはいまどきの音楽を買っていなくて、それこそボウイに近い年代の作品を買い漁ってるんです。この年代のひとたちの音楽って、まったく飽きなくて、古びてないんですよ。だからこのアルバムのなかに入っている曲が40年位前のものだよって聞いたらびっくりすると思います。またボウイの場合は歌声に中毒性がありますからね。ときに囁くような、ボウイにしか出せないエロさみたいな声を聴いていただければ、曲自体を楽しむのと同時にデヴィッド・ボウイの〈声音〉にはまると思います。そういう楽しみ方もできる稀有なアーティストだと思います。本当に独特ですよね。失礼ではありますが、唄がうまいって言うよりは忘れられない歌声ですよね。残っちゃうんですよ耳に。音の記憶として。それで執拗に繰り返し聴きたくなるっていう。こう、ミュージカルを観たときに気に入るとサウンドトラックを買ったりしますよね。それを聴くと自分で観たストーリーと重ね合わせて情景が浮かび、ドラマとして聴けるじゃないですか。デヴィッド・ボウイのアルバムもまさにそんな感じですよ。1曲、1曲にドラマ性があって物語を追うようにぼくは聴いていたので、そういうアーティストっていうのはとても珍しいんじゃないですかね。

――特設サイトを設けての「ボウイ王決定戦」もスタートします。そこではボウイに関する100問の問題が用意されています。坂上さんがご参加されたら何問くらい正解しそうですか?

坂上:100問! そうですね、3問くらいじゃないですか(笑)。でも、こういうの詳しいひとは詳しいですよね。だから面白い企画だと思いますよ。

――お友だちのなかにもボウイ・ファンはいらっしゃいますか? そういう方々とボウイ談義になることはありますか?  

坂上:もちろんいますよ。それこそFNSで唄ったときはすぐにメールきましたから(笑)。“ボウイ、唄っちゃうの”みたいなね(苦笑)。まぁ特にぼくらの年代にとっては、確実に記憶に残るアーティストのひとりですから。でも、このひとはジャンル分けが難しいですよね。ブリティッシュ・ロックを代表するひとではあるんでしょうけれど、何かその枠にも入っているんだか、いないんだか。だから、まさにデヴィッド・ボウイというジャンルのような感じですよね。このひとの場合は。最近だときゃりーぱみゅぱみゅさんとかセルフ・プロデュース的な側面を感じさせるひとがいますけれど、まさにその走りというか元祖的な存在ですよね。自分で自分をプロデュースして、そのときに見たもの感じたものを曲にし、メイクをし、服を着て強烈に訴えるというね。それがいちいちスマートな感じがします。ちょっと独立感がありますよね。

――きゃりーさん世代のような若い方に対して魅力を伝えるとしたら?

坂上:ぼく、ボウイの好きなところって100人中100人に好かれないところだと思っているんですよ。ボウイはファッション・リーダー的なところもあったひとなので、時代とともに髪型、メイク、衣裳っていうのが変化していく勇気のようなものがあるじゃないですか。“何だあれ?”って思われるのを厭わないブレなさ加減みたいなところが好きなんですけどね。もしかしたらきゃりーさんに対しても“何だあれ?”って思うひとが絶対どこかにいるはずですよね。でも、そのときにそういう意見に惑わされてブレちゃうと突き抜け感はなくなってきますから。やっぱり、自分がこれだって信じたときにやりきるのがいいと思うんです。ボウイのステージを観ても自信に溢れているというか、そういうひとのライヴならこっちは安心して観られますし、そういう変化に対しての勇気を持ったアーティストだということですよね。それとボウイの曲を聴くにあたっては、この『ナッシング・ハズ・チェンジド』の3CDみたいに年代順に聴いていくのがいいかもしれませんね。それとともにできれば年代ごとの写真を見れば“わぁ、このときこんなかっこいいスタイル”だったんだってわかりますよね。だから曲もそうですが、ヴィジュアル的にもぜひ参考にしていただきたいですね。そうすると彼の生きざまがわかると思います。

――今後のボウイにはどうあってほしいですか?

坂上:うーん。難しいですねぇ……。個人的な想いとしてはライヴを観たいですけどね。それとあと1枚くらいアルバム出していただいて、それでもそんなに露出しなくてもいいんじゃない? みたいな感じはありますよね。それこそ伝説じゃないですけどね。ガツガツしている感じじゃない方がいいですよね。死ぬまで我が道を行くというか。最近も表には出てきてないでしょ。そういうところがかっこいいと言うかね。ちょこちょこっと映像くらいは観たい気持ちはありますけど、それと芝居。映画にも出てほしい。ただ当然トップ・アーティストで超売れてるひとだとは思うんですけど、お客さんをあまり満腹にさせないところがすごいなって感じますね。アルバム出る、ツアーやる、テレビ出るみたいなお腹いっぱいになるような感じがボウイにはあまりないですよね。忘れたころにいきなりアルバムが出すみたいな。これぐらいのひとはそれで丁度いいような気がしますね。

(取材・文=山田順一)

■リリース情報
『ナッシング・ハズ・チェンジド~オールタイム・グレイテスト・ヒッツ』
発売:【日本盤】2014年11月19日 【海外盤】2014年11月17日

<ジャパン・エディション> 初回限定価格盤 [1CD] WPCR-16186 ¥1,980(税抜)
<ジャパン・エディション> 通常盤 [1CD] WPCR-16187 ¥2,200(税抜)
<スタンダード・エディション> [2CD] WPCR-16184/5 ¥2,900(税抜)
<デラックス・エディション> [3CD] WPCR-16181/3 ¥3,900(税抜)

■『ボウイ王決定戦』 http://bowie-king.com/ ※スマホ限定サイト
デヴィッド・ボウイファンの日本一を決定するクイズ・サイト「ボウイ王決定戦」。
自他ともに認めるボウイ好きの著名人や、ゆかりのある音楽関係者たちが、ボウイにまつわるマニアックなクイズを出題。
全部で100問に回答し、ランキング上位の方にはデヴィッド・ボウイにまつわるプレゼントを贈呈。
最も多くの問題に答えられた方に、「ボウイ王」の名誉が与えられます。
第1問は、「デヴィッド・ボウイの大ファン」と公言する坂上忍さんからの出題です。

■『ボウイ王決定戦』 <坂上忍出題編>
https://www.youtube.com/watch?v=G9VmnlpisvA

■デビュー50周年ベスト『ナッシング・ハズ・チェンジド~オールタイム・グレイテスト・ヒッツ』
ミュージック・ビデオ・ダイジェスト <坂上忍リコメンド編>
https://www.youtube.com/watch?v=rOFiBqQY2WM

■「スー(オア・イン・ア・シーズン・オブ・クライム)」新着ミュージック・ビデオ <坂上忍リコメンド編>
https://www.youtube.com/watch?v=3NYgRuxO2sw

■ワーナーミュージック・ジャパン デヴィッド・ボウイ オフィシャルサイト
http://wmg.jp/artist/davidbowie/

アプリで読む