Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

トラックがパフォーマンス空間に、『DANCE TRUCK TOKYO』都内各所で開催

CINRA.NET

19/8/3(土) 21:00

パフォーマンスプロジェクト『DANCE TRUCK TOKYO』が、9月5日から東京都内各所で開催される。

『DANCE TRUCK TOKYO』では、ソーラートラックの積載スペースを移動可能な特設ステージとして使用し、駐車場所の景観を取り込んだサイトスペシフィックなパフォーマンスを披露。9月5日の東京・新宿中央公園を皮切りに、9月22日に東京都中央卸売市場 足立市場、10月12日に狛江・多摩川河川敷、10月26日と27日に渋谷・宇田川町空き地、11月4日に府中・けやき並木通りで実施するなど、2020年夏まで約1年間をかけて東京都区部・多摩地区・島しょ部を含め15の地域を巡る。

2019年公演の出演者は、東野祥子、白井剛、鈴木ユキオ、ANTIBODIES Collective、川村美紀子、新人Hソケリッサ!、OrganWorks、白神ももこ、田村興一郎、Aokid、小暮香帆、米澤一平、向雲太郎、柳本雅寛、Abe“M”ARIA、五十嵐結也、きたまり、メガネ(座)、森下真樹/森下スタンド、入手杏奈、Somatic Field Project、鉄割アルバトロスケット、ロクディム、しでかすおともだち、ZVIZMO(伊東篤宏×テンテンコ)、KAMOSU、テニスコーツ、Dill、灰野敬二、山川冬樹、Jon(犬)、森川祐護(Polygon Head)ら。

キュレーターは東野祥子、白井剛、鈴木ユキオが務める。コラボレーターとして、テクニカルディレクターおよび照明を藤本隆行、映像を斉藤洋平、音響をWHITELIGHT、美術をOLEOがそれぞれ手掛ける。全日本ダンストラック協会が企画・制作し、「Tokyo Tokyo FESTIVAL」企画公募採択事業として、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京の主催で実施される。

各公演の出演者や開催時間などの詳細は『DANCE TRUCK TOKYO』のオフィシャルサイトで確認しよう。

アプリで読む