Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ラストアイドル、お台場で「青春トレイン」迫力披露 “白使い”の先輩ノンスタ石田も駆けつける

リアルサウンド

19/9/11(水) 20:00

 ラストアイドルが、本日9月11日にお台場・パレットタウン パレットプラザにて7thシングル『青春トレイン』発売記念イベントを開催した。

(関連:ラストアイドル「青春トレイン」でブレイク 坂道シリーズ経た秋元康による“列車”モチーフ新名曲に

 「青春トレイン」は、バブリーダンスの仕掛け人・akaneが振付したグループ史上最高難度のダンスパフォーマンスの楽曲。メンバーたちは約3カ月の猛特訓を積み、8月10日『神宮外苑花火大会』で「青春トレイン」を初パフォーマンス。本日、シングル発売日を迎え、前作『大人サバイバー』でも発売記念イベントを行なったパレットタウンでの披露だ。

 ステージ上手から円陣の声が聞こえた後に、メンバー44名が入場。ライブは「青春トレイン」からスタートした。「青春トレイン」は、akaneによる車掌をイメージした動きや電車内で揺れる乗客のアクションを取り入れたキャッチーな振付も魅力の一つであるが、何といっても複雑なフォーメーション構成で展開される圧倒的なシンクロ率とダイナミックなパフォーマンスが醍醐味だ。筆者は、『神宮外苑花火大会』以来に観る「青春トレイン」となったが、間近で観るパフォーマンスの迫力に圧倒されてしまった。また、阿部菜々実、米田みいな、間島和奏……とセンターが目まぐるしく入れ替わる「青春トレイン」は、そのフォーメーションについて見るたびに発見があることに気づく。

 共通カップリング曲「現実」は、この日が初披露。「青春トレイン」のダンスレッスンをリーダーとして支えた相澤瑠香、池松愛理をダブルセンターに11名でのパフォーマンスとなった。13名選抜での「大人サバイバー」に続き、定番曲の「ラスアイ、よろしく」に突入すると、客席がざわざわと笑い声に包まれていく。異変に気付いた安田愛里が「ちょっと!」とツッコミを入れ、曲を止めるとそこには、ノリノリのNON STYLE・石田明が。石田は9月9日にTwitterでラストアイドルのアーティスト写真に自作のコラージュ画像をアップし、1.1万リツイート、9.3万いいねというバズを巻き起こしている。今回、リアルにメンバーに紛れた「石田を探せ」となったわけだ。

 昨晩、急遽出演オファーをもらったという石田は、イベントリハーサルを2階から見ていたが全く気づかれなかったと会場の笑いを誘う。どうやら石田がMCを務めていた『神宮外苑花火大会』の時から、同じ衣装の“白使い”として目をつけており、画像を漁っていたとのこと。白使いとして先輩の石田は、泥水の上で激しくパフォーマンスをする「青春トレイン」のMVに「衣装雑に扱い過ぎ!」と指摘。さらには「だいぶ使い込んでるな」と間近でメンバーの衣装を見た意見をぶつけていた。

 石田がステージを後にし、改めてラストアイドルは「ラスアイ、よろしく」を披露。イベントの終わりには、『プレミアMelodiX!』(テレビ東京)、『バズリズム02』(日本テレビ系)のスタジオLIVEに出演することが発表された。阿部は「たくさん歌番組に出たいと言っていたので嬉しいです」とコメント。長月翠は、グループの出身とも言えるテレビ朝日以外の歌番組への出演が決定したことから「他局!」と嬉しさを露わにしていた。

 また、タワーレコード渋谷店を10月12日から3日間ジャックするラストアイドル初のフェス『ラスアイフェス2019』で開催される全7ユニットのワンマンライブにて、『青春トレイン』収録のユニット曲が初披露されることも発表された。(渡辺彰浩)

アプリで読む