Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「暴力の歴史」より。(撮影:引地信彦 Nobuhiko Hikiji)

黙認された“暴力”あぶり出す、オスターマイアー「暴力の歴史」開幕

ナタリー

19/10/24(木) 21:37

「暴力の歴史」が、本日10月24日に東京・東京芸術劇場 プレイハウスで開幕した。

東京芸術祭のメイン演目の1つ「暴力の歴史」は、ドイツの演出家トーマス・オスターマイアーが、フランスの作家エドゥアール・ルイの同名小説を舞台化したもの。ゲイの主人公の身に起きたレイプ被害と、それに対する周囲の反応を通し、差別や偏見など、黙認された可視化できない“暴力”があぶり出される。

上演時間は休憩なしの約2時間15分で、公演は10月26日まで。なお本作には一部、性的・暴力的な表現が含まれる。

「暴力の歴史」

2019年10月24日(木)~26日(土)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

原作:エドゥアール・ルイ
演出:トーマス・オスターマイアー
出演:クリストフ・ガヴェンダ、ラウレンツ・ラウフェンベルク、レナート・シュッフ、アリーナ・シュティーグラー

アプリで読む