Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」

平野紫耀×橋本環奈、“おとぼけキャラ”ぞろいの「かぐや様」撮影に密着

ナタリー

19/7/25(木) 9:00

平野紫耀(King & Prince)と橋本環奈の共演作「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」の撮影現場に、映画ナタリーが密着した。

エリートが集う名門学園・秀知院学園が舞台の本作は、プライドが邪魔して素直になれない男女が、相手に告白させるために恋愛頭脳戦を繰り広げるさまを描くラブコメディ。生徒会長・白銀御行を平野、副会長・四宮かぐやを橋本が演じた。

去る4月中旬、東京都内のスタジオで行われた撮影に参加したのは平野と橋本、生徒会会計・石上優役の佐野勇斗(M!LK)、書記・藤原千花役の浅川梨奈。同学園の生徒会室が再現されたセット内には、かぐやがしたためた「責任と責務」という書や歴代生徒会長の写真、賞状、トロフィー、部活動記録をまとめた資料などが並ぶ。生徒会メンバーが使う机には、各キャラクターの個性が反映された小物が置かれていた。

この日は白銀とかぐやが歩み寄ろうとするものの、何もできずにすれ違ってしまうシーンが捉えられた。モノローグによって登場人物の心の内が描写されることが多い本作。平野と橋本は、事前に収録されたモノローグの音声に合わせ豊かな表情でキャラクターの心理を表現していく。

カメラが回っていない場面でも、平野は白銀が見せるささいな変化についてスタッフと意見を交わし、橋本はかぐやらしさを感じさせる表情を保ち続けるなど、自身が演じるキャラクターに対して真摯に向き合っていた2人。彼らはスタッフから親しみを込めて「白銀さん」「かぐやさん」と呼ばれていた。

印象に残った撮影を問われた平野は、クライマックスのシーンを挙げて「2人の意思が表れるところでもあったので、大変でしたがその分楽しかった」と語る。風を浴びて涙が出そうになった自転車の立ちこぎも思い出深いそうで「白銀の交通手段が自転車しかなかった」「スピード感を出すためにずっとギアを3にしてがんばっていた」と笑った。橋本は制服だけでなく十二単や浴衣など、かぐやが着用するさまざまな衣装を見どころの1つとして選んだあと「ドギマギする感じの初々しさに注目してほしい」と作品をアピール。さらに「平野さん、佐野さん、浅川さんがちょっとおとぼけキャラで(笑)。4人中3人がおとぼけキャラってなかなかいないですからね」と同世代の俳優たちとの共演を振り返り、「きっと楽しい作品になっているだろうし、ラブの部分もコメディの部分も新鮮なものになっているのではないかなと思います」と本作に思いを馳せた。

河合勇人が監督を務めた「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」は、9月6日より全国ロードショー。なお売り切れの劇場が続出した本作の前売り券が、8月3日より再販売されることが決まった。

(c)2019映画『かぐや様は告らせたい』製作委員会 (c)赤坂アカ/集英社

アプリで読む