Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

505組目のカップルは向井理&青葉市子 朗読劇「ラヴ・レターズ〜Spring Special〜」3月12日より上演

ぴあ

21/2/26(金) 18:13

向井理&青葉市子

2020年2月に、新生PARCO劇場「こけら落とし公演」で500回目の上演を行い、8月に記念すべき30周年を迎えた朗読劇「ラヴ・レターズ」。新生PARCO劇場2年目の春を彩る“Sping Special”の初日、505組目となる公演を向井理と青葉市子の新鮮なカップルが彩ることが決定した。

朗読劇「ラヴ・レターズ」はアメリカの劇作家・ A.R.ガーニーによる戯曲で、1989年ニューヨークで初演されるやいなや、全世界で上演され静かなブームを巻き起こし。パルコ劇場でも1990年8月19日に幕を開けて以来、この一つの台本を、年齢も個性も異なった様々な500組近くのカップルが読み続けてきた。舞台にはテーブルと二脚の椅子。そして、2人の男女が手にした台本を読むだけというシンプルな構成ながら、アメリカの裕福な家庭に生まれ育ったアンドリュー・メイクピース・ラッド三世と、メリッサ・ガードナーが50年という長い月日に綴った手紙を読む本作は、演じる俳優、見る観客によって同じ作品とは思えないほど、新鮮で全く違う作品として生まれ変わる。

505組目のカップルを演じるのは、大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)で、悲劇の剣豪将軍・足利義輝を抜群の演技力で演じ注目を集めている向井理と、歌声とクラシックギターを携え、国内外で音楽を奏でている音楽家・青葉市子。表現者としてそれぞれのジャンルの第一線で活躍するふたりによる、新鮮なカップルが誕生する。

朗読劇「ラヴ・レターズ」は3⽉12⽇(⾦)より、PARCO劇場にて上演。明日2⽉27⽇(⼟)よりチケットの一般発売が開始する。

【公演概要】
「ラヴ・レターズ LOVE LETTERS 〜Spring Special〜」
作=A.R.ガーニー / 訳:⻘井陽治
演出:藤⽥俊太郎 / 企画・製作:(株)パルコ

会場:PARCO 劇場(渋⾕PARCO 8F)
料⾦(全席指定・税込):7,500円

<⽇程 / 出演者>
3⽉12⽇(⾦) 15:00 開演 / 向井理&⻘葉市⼦
3⽉13⽇(⼟) 15:00 開演 / 太⽥基裕&⽮島舞美
3⽉14⽇(⽇) 15:00 開演 / ⼩野⼤輔&茅原実⾥

⼀般発売⽇:3⽉12⽇公演分 2⽉27⽇(⼟)
※3⽉13⽇(⼟)、3⽉14⽇(⽇)公演は⼀般販売予定枚数を終了いたしました。

<チケット取り扱い>
※各プレイガイドでのチケット取扱いは先⾏販売、⼀般発売ともWebのみとなります。
・PARCO STAGE スマホアプリ「パルステ!」 :パルステで検索
・チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/p-letters/
・ローソンチケット:https://l-tike.com/p-letters/
・イープラス(e+): https://eplus.jp/p-letters/

お問合せ:パルコステージ 03-3477-5858(時間短縮営業中)
https://stage.parco.jp/

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む