Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『水と砂糖のように』予告編公開 ウディ・アレンらがカルロ・ディ・パルマの功績を語る

リアルサウンド

19/10/30(水) 12:00

 11月30日に公開となる『水と砂糖のように』より、予告編が公開された。

参考:『ジョーカー』と『テッド・バンディ』が共有するテーマとは 米史上最大の悪は私たちのすぐそばに

 本作は、イタリアの撮影監督カルロ・ディ・パルマについてのドキュメンタリー映画。映画史上の功績を讃え、ヨーロッパ映画賞撮影賞では「カルロ・ディ・パルマ賞」と自身の名前が付けられているディ・パルマのキャリアは、ルキノ・ヴィスコンティの初監督作『郵便配達は二度ベルを鳴らす』に参加した15歳から始まり、第二次世界大戦後の映画を革新したネオレアリズモとともに開花。モノクロからカラーに移行する中で、ミケランジェロ・アントニオーニとともに『欲望』『赤い砂漠』を生み出し、長きにわたるウディ・アレンの撮影監督として、『ハンナとその姉妹』などに携わった。

 公開された予告編は、ディ・パルマが参加した数々の作品のシーンが挿入され、ケン・ローチ監督、ヴィム・ヴェンダース監督、ベルナルド・ベルトリッチ監督をはじめとした総勢11名のディ・パルマをよく知る映画人のコメントで構成されている。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む