Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

稲垣吾郎インタビュー「40代はどう生きていくのかを考える重要な時期」 『No.9 ―不滅の旋律ー』再々演にむけて

ぴあ

20/12/1(火) 17:00

稲垣吾郎 撮影:黒豆直樹

ベートーヴェンを“ハマり役”と称される日本人俳優もなかなかいないだろう。

「周りからもよくハマり役って言われるんですけど、なんでなのかわからない……。僕とは全然違う人間なんですけどね」。稲垣吾郎はそう苦笑しつつ、しかし、自身にとってこの役が、俳優キャリアにおいて特別なものであることを否定しない。

“楽聖”ベートーヴェンが、「歓喜の歌」としても知られる最後の交響曲『第九』を作り上げていくまでを描いた舞台『No.9 ー不滅の旋律ー』がベートーヴェン生誕250周年を迎えた今年、再々演を迎える。

ベートーヴェンは「寅さん」みたい

ベートーヴェンについて「ベートーヴェンが遺したものは、エンタテインメントの全ての源になっている。“エンタテインメントを自由にした”という意味では、(音楽に限らず)どの業界においても元祖と言える存在」と語る稲垣。エンタテインメントの世界でまさに自由な活躍を見せる稲垣ならではの視点と言える。

一般にベートーヴェンと言えば、学校の音楽室の肖像画と交響曲第五番『運命』によって、多くの日本人にとって“怖い”もしくは“気難しそう”というイメージが刷り込まれているのではないか? この“狂気“や“怒り”といった要素を内包しつつ、一方で稲垣は、ベートーヴェンが若い時期の創作において、女性との関係に大きく左右されていたことを指し「女性に振り回されたり、人情味があって、寅さんみたいだなって思います(笑)」とこれまたユニークな言葉で評する。

芸術家としてのある種の“狂気”とひとりの人間としての“チャーミング”な部分。この両極こそが本作におけるベートーヴェンの魅力であり、この役を稲垣の俳優キャリアにおける随一のハマり役とさせた要素でもある。

「稲垣吾郎のいろんな要素が詰まった役だなと思いますね。二十歳の頃につかこうへいさんの原作の芝居(『広島に原爆を落とす日』)をやらせてもらって、一方でラッパ屋の鈴木聡さんの作品ではコメディ色の強い役もやってきました。30歳くらいからは“狂気”の部分――激昂したり、エキセントリックで得体のしれないところのある役をやるようにもなって、三池(崇史)監督の『十三人の刺客』だったり、ヒールやクセの多い役も増えてきました。アイドルグループにいる自分が王道のヒーローじゃなく、そういう役をやるってすごく面白い挑戦でしたけど、40歳を過ぎて自分がやってきたことの集大成、ひとつのまとめとなったのがこのベートーヴェンだと思います」。

『No.9~』は、みんなでベートーヴェンという船を漕いでいるような作品

2015年の初演、2018年の再演に続く再々演となるが「表現することは同じ」と変化を自らは意識しない。それでもおのずと「お客さんの目に映るもの、感じるものは確実に違うものになるはず」という確信がある。“座長”という立場へのスタンスも「(意識することは)全くない。全く座長っぽくないです(笑)」と変わらないし、カンパニーへの信頼も揺らぐことはない。

「僕、意外と人見知りで、ダメなんですよ。恥ずかしくなっちゃう(苦笑)。ベタベタした関係も好きじゃないし、芸能人としてもずっとそういう感じでやってきてる。僕はこの作品では中心で暴れている“ゴジラ”ですからね。周りの方が大変だと思います。そうやって中心で暴れるということもこれまでやってきてなくて、どちらかというと『まあまあ』となだめるタイプなので、それが新鮮でもあります。ピアノの末永匡さんの存在もすごく大きいですね。一緒にベートーヴェンを演じているようなイメージです。この作品は、みんなでベートーヴェンの頭の中の出来事を演じているようなところがあるんです。お客さんの目に映る形で存在しているのは僕だけど、みんなでベートーヴェンという船を漕いでいるような感じがします」。

本作で稲垣が演じるのは、ベートーヴェンが30代を迎える1800年から40代、そして第九が完成する50代の半ばにかけて。40代は苦しみながらも第九の着想を得る時期となるが、稲垣にとって40代は?

「いろいろ悩ましいですよね。40代って体力の衰えや精神的な部分でも変化を感じる時期。人生の折り返しを迎えて今後、どう生きていくのかを考える重要な時期だと思います。僕自身、グループが解散して環境が変わったりもしたのでなおさら(変化や重要性を) 感じますけど、自分の選択によって新たな道を進んでいるしすごく恵まれた道を歩めているなと思います。もちろん、20代の頃に思い描いていた通りのこともあれば違う部分もあるし、でも当時から思い描いてる通りの未来になるなんてことはないと思っていたし、そうなることが幸せとも思ってない。未来は予測がつかないし、変わっていくのは当然なので、そこに動揺はなかったです。でもトータルで見ると、好きな仕事ができて健康で、周りに恵まれて愛し愛されて生きているという意味で、幸せで思い描いた通りなのかなと思いますね」

取材・文・撮影:黒豆直樹
スタイリング:黒澤彰乃
ヘアメイク:金田順子

木下グループpresents『No.9 ー不滅の旋律ー』
演出:白井 晃
脚本:中島かずき
音楽:三宅 純
出演:稲垣吾郎 / 剛力彩芽 / 片桐仁 / 村川絵梨 / 前山剛久 / 岡田義徳 / 深水元基 / 橋本淳 / 広澤草 / 小川ゲン / 野坂弘 / 柴崎楓雅 / 奥貫薫 / 羽場裕一 / 長谷川初範 / 他
2020年12月13日(日)~2021年1月7日(木)
会場:東京・TBS赤坂ACTシアター

アプリで読む