Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ラストレター」より、左から中山美穂演じるサカエ、豊川悦司演じる阿藤。

「Love Letter」から24年、中山美穂と豊川悦司が岩井俊二「ラストレター」に出演

ナタリー

19/10/30(水) 4:00

岩井俊二の新作「ラストレター」に、中山美穂と豊川悦司が出演していることがわかった。

岩井の出身地である宮城を舞台とした本作は、手紙の行き違いをきっかけに始まった2世代の男女の恋愛と再生を描くラブストーリー。松たか子が主人公・岸辺野裕里、広瀬すずが裕里の姉・未咲の高校生時代と未咲の娘である遠野鮎美、福山雅治が未咲との再会を願って同窓会に参加する乙坂鏡史郎、神木隆之介が高校時代の鏡史郎を演じた。そのほか森七菜、庵野秀明、水越けいこ、小室等が参加している。

中山と豊川は、1995年に岩井が手がけた「Love Letter」で共演した。その後2001年にドラマ「Love Story」で再会したが、映画作品および岩井作品での共演は24年ぶりだ。今回の出演は、岩井によるオファーで実現。2人は岩井から声をかけられたことに喜び、二つ返事で出演を快諾したという。豊川は未咲の元恋人である阿藤役、中山は阿藤の同居人・サカエ役で出演。未咲の過去に絡む重要なパートを担っている。

中山は「今回共演シーンは少ないのですが、それでも今までの二人の歴史があるので、短い共演シーンの中でも積み重ねてきた何かがスクリーンには映っているのではないかと思います」、豊川は「中山さんは、冷凍保存されてきたみたいで(笑)、全然変わっていないです。もう少しご一緒にお芝居をしたかったです。それは、また次回に。20年後といわず来年くらいにでもご一緒したいですね」と、このたびの共演をそれぞれ振り返った。岩井も「『ラストレター』と『ラブレター』が地続きの同じ世界の物語に一瞬思えました」とコメントしている。なお今回、裕里の母役で木内みどり、父役で鈴木慶一が出演していることも明らかになった。

「ラストレター」は2020年1月17日より全国ロードショー。

中山美穂 コメント

いつかまた豊川さんとの共演はもちろんのこと、岩井監督作品に出演できたらいいなと思っていたので、今回声をかけていただき、とても嬉しかったです。
岩井監督は、普段とてもほんわかした感じの方ですが、現場に入るとスイッチが入り、少年のようにまっすぐで、独特の世界観があり、現場にいると異次元にいるような感覚になります。ですので、撮影現場はとても楽しいです。岩井監督とは、特に事前に役柄について話をしたりすることはないのですが、現場でのやりとりの中で役を作り上げていく感じです。
豊川さんとは、今回共演シーンは少ないのですが、それでも今までの二人の歴史があるので、短い共演シーンの中でも積み重ねてきた何かがスクリーンには映っているのではないかと思います。

豊川悦司 コメント

「Love Letter」に通じるものがある今回の「ラストレター」で、岩井監督から声をかけていただけたことは、とても嬉しいですし、そしてなにより中山さんとまたこうして二人で出演できてとても嬉しいです。
今回、出演シーンは少ないですが、とても重要な役をいただいたので、どっぷり岩井監督の頭の中に浸かるつもりで芝居しました。とても充実感のある現場でした。
中山さんは、冷凍保存されてきたみたいで(笑)、全然変わっていないです。もう少しご一緒にお芝居をしたかったです。それは、また次回に。20年後といわず来年くらいにでもご一緒したいですね。

岩井俊二 コメント

中山美穂さん、豊川悦司さん、三人が同じ現場というのはラブレター以来でした。撮影は夏の盛りの仙台でしたが、なにかそこが冬の小樽で外は雪が降ってるような気分になりました。「ラストレター」と「ラブレター」が地続きの同じ世界の物語に一瞬思えました。

(c)2020「ラストレター」製作委員会

アプリで読む