Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

BOYSぴあSelection 第24回 板垣瑞生

「恋愛で奇跡は起こせるのか?その行方をみてほしいです」

PART2

19/9/21(土)

板垣瑞生くん特集、PART2では初主演映画『初恋ロスタイム』について、たっぷりうかがっています! 初めての主演を経験して、瑞生くんが得たものとは?

── 初主演作『初恋ロスタイム』がいよいよ公開されますが、主演をやってみていかがでしたか?

板垣 すごい緊張しました! でもただの恋愛映画ではなくて、ファンタジー要素もある素敵な作品で初めての主演をやらせていただけたので、すごく嬉しかったです。好きなように演じさせていただけて、主演を経験できてよかったなと思うことがたくさんありました。

── 最初感じた緊張は、だんだん楽しさに変わった?

板垣 そうですね。でも緊張よりも、面白い映画にしたい! という気持ちが大きかったです。どう演じたら、今まで観たことがない恋愛ものに見えるかなって考えて。自分が見てきた先輩俳優さんたちの背中を追いかけて、主演に恥じない演技をしようと思いました。

── 作品はキュンキュンするし、泣けるし、そして重たいテーマでもあるんだけど明るい、ポジティブなお話ですよね。

板垣 すごく明るい映画ですよね! 今まで、暗い役をやることが多かったので、初めて主演させていただく映画がこういう明るいお話でよかったです。

── あまり今までは恋愛ものをやっていなかったかと思うのですが、とまどいはありました?

板垣 やっぱり大変ではありました。でも、恋愛ってみんな結局は不器用になるし、器用にできる恋愛は恋愛ではないと思うんです。だから、相葉孝司という青年がひとつの恋愛に対して、一生懸命になっていて、変わろうと頑張っている、その不器用さや必死さをそのまま出せたらいいのかなと思って演じました。恋愛ってしようと思ってするものではないと思いますし、カッコつけずにやりました。

── 孝司はすごく等身大の男の子だから、観る側も親近感があると思いました。そして、恋愛ものなんだけど胸キュンな映画ではなくて、骨太なストーリーだから、孝司が成長していく様は見どころのひとつでした。

板垣 そうですね。時音(吉柳咲良)に出会ってから、どんどん変わっていく孝司を、好きな人ができたら自分ならどんな風に変化していくかなって考えながら観ていただけたら嬉しいです。

── 孝司のキャラクターは最初から理解できました?

板垣 そうですね。自分の中でやったことのないテイストで演じてみたくて、最初から明るく作ろうかなと思っていました。今まで、ちょっと影のある人物を演じることが多かったこともあって、その真逆をやってみたいなと。誰かを元気にする映画を作りたいと前から思っていて、ストーリーもポップで心にスッと入ってくる内容なので、そういう意味でも明るいキャラクター作りを心掛けました。

── 吉柳咲良さんは初めての映画出演でした。自分が引っ張ってあげなきゃ、という気持ちはありました?

板垣 もちろんそう思っていたんですけど、吉柳さんの持っている、活発な女の子の雰囲気が時音そのものだったので、演じているという感じがしなかったんです。撮影時、吉柳さんは14歳で僕は17歳だったんですけど、まだ14歳なのに、すごく演じることへの覚悟みたいな気迫を彼女から感じて。自分も頑張らなければ! という気持ちに逆にさせられました。

── 吉柳さんとは待ち時間などではお話しできました?

アプリで読む