Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

稲葉友の「話はかわるけど」

グータン×良い感じ×適応【前編】

毎週連載

第107回

21/1/20(水)

人生の先輩2人と出たトーク番組で、楽しい時間を過ごした稲葉さん。あの人たちは何故あんなに魅力的なの? 楽しい会話に必須なことは? そんな疑問を掘り下げました。

1月5日に放送された「グータンヌーボ2」を観てくださった方はいるだろうか。満島真之介さんがMCで、バスケットボール選手の落合知也さんと、僕がゲスト。落合さんは日本のバスケットのプロリーグ・Bリーグと、3×3っていうバスケットだけど別の形式の競技をやられているプロバスケットボール選手。男3人、とても居心地がよかった。

「グータンヌーボ」は昔からある番組で、江角マキコさんや優香さんが出ていた頃から観ていたので「ああ、昔観ていたあの番組に出れるんだ」というワクワクと、ひたすらフリートークなのでどうなってしまうのかというドキドキと共に現場へ向かった。

最初に店に入ったのが僕だった。どこに座るか問題があったが、これまで番組で「どこ座ろう!?」みたいなくだりをよく見たので「一番に入った場合、それは絶対にやるまい」と勝手に決めていた。すぐさま奥の入り口が見える席に座った。しかし座ったら座ったで、本当にここで良かったのかという時間がとても長く感じられた。その待ち時間はオンエアではギュッとされていたが「本当にスタッフさんいないんだ。その中で3人そろっていろんな話をしていくんだ」となんだか悶々としていた。

いざ3人で話を始めるとまず落合さんのバスケットボール業界の話がとても興味深かったし、195cmも身長があるが故の背が高い人あるあるも異次元の話で楽しかった。そして何より、満島さんが本当にオープンマインドで明るい人だし、落合さんも快活な人なので、2時間くらいの収録があっという間に終わっていた。

バカな話から真面目な話、熱い話にもなったりして、二人のお話を聞いているだけでエネルギーをもらえた。ネガティブとかポジティブでなく、生きているってことでいいんだよな話になった時は「ああ、ちょうどそんなこと最近考えていたな」と嬉しく思ったり。

元気な人と接して疲れてしまうこともある。子どもと遊んで癒される反面、元気過ぎて疲れるとかもある。あとは大人数の集まりに行くと疲れたり。そこにあるのは元気なんだけど、人の多さとエネルギーに当てられて、「ふうっ」ってなっちゃう。でも収録のときの先輩2人の元気はすごく良い元気だった。押しつけがなく底が抜けていて天井がない感じの元気。最初は「どのくらいしゃべろうかな」とか考えていたけど、結果的にとにかくよくしゃべる3人の愉快で幸せな時間になり、結果的に元気をもらえた。

人と話して元気になるのに幸せを感じる。これがプライベートで多く出来たらいいとしみじみ思った。生産性がある話と言ってしまうと打算的に聞こえるし固い感じになるけれど、そうなれる人としゃべっていたいと思う。

エネルギーの吸い合いでもなくお互い出したものを上昇気流に乗せていくようにフレーズやエネルギーの交換ができるといい。この前の収録はまさにそんな感じで「こんなにしゃべったのに、却って元気になるんだ」と驚いた。もちろんしゃべり疲れみたいなものはあるんだけど、収録の最中はテレビなことを忘れる瞬間があったほど、心地よい時間を過ごせた。

当然、人と会ってそういう体験を期待するなら、自分も与えられる状態であるべきだ。でも一気に完璧には難しいので、1つずつ、自分の感性は殺さず良い状態に持って行けるようになれればいいかな。今持っているスキルで磨きやすいのは、日本語の選び方、つまり元気を与えられるフレーズの選び方だと思う。内面的なものも急には変われないけど、日本語のチョイスを上達させることによって内面にも変化を及ぼそうということ。いかに気持ちを言葉にする変換能力を高くするかが大事なのかなと。僕はもともと、言葉に対してこだわるのは大好きなんだけど、聞いていて気分が上がる一言を発信できるようになれば、周りからもそういうものが返ってくる気がする。

新しい体験をしても、結果的に立ち返ることにつながる。単純に人としゃべるとかって、全く新しいことではないから。あの会話のラリーは本当に楽しかった。今年はそういうラリーが多い年になるといい。

次回の更新は1月27日(水)、ソーシャルディスタンスについて話は続いていきます。お楽しみに!

プロフィール

稲葉友(いなばゆう)

1993年1月12日生まれ、神奈川県出身。
2010年、ドラマ『クローン ベイビー』(TBS)で俳優デビュー後、ドラマ、映画、舞台と幅広く活動。
主な出演作に、ドラマ『仮面ライダードライブ』(‘14~’15 EX)、『MARS~ただ、君を愛してる~』(’16 NTV)、『ひぐらしのなく頃に』(’16 BSスカパー!)、『レンタル救世主』(’16 NTV)、『将棋めし』(’17 CX)、映画『ワンダフルワールドエンド』(’15)、『HiGH&LOW』シリーズ、『N.Y.マックスマン』(’18)、『私の人生なのに』(’18)、舞台『すべての四月のために』(’17)、映画『春待つ僕ら』(’19)『この道』(’19)など。
J-WAVE『ALL GOOD FRIDAY』(毎週金曜11:30~16:00生放送)ではレギュラーパーソナリティ―を務める。

撮影/高橋那月、取材/藤坂美樹、構成/中尾巴、ヘアメイク/速水昭仁、スタイリング/添田和宏
ベスト¥23,000、シャツ各¥18,000、パンツ¥29,000、ストール¥8,000/すべてオーク(アクタス)(アクタス TEL:03-5269-3207)
シューズ¥10,000/グラビス(グラビス TEL:03-3476-5638)
その他スタイリスト私物
※すべて税抜き価格

アプリで読む