Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

クリープハイプ新アルバムは過去最多15曲収録、特装盤は512ページの歌詞集付き

ナタリー

クリープハイプ「夜にしがみついて、朝で溶かして」特装盤仕様イラスト

クリープハイプが12月8日にリリースするニューアルバム「夜にしがみついて、朝で溶かして」の詳細が発表された。

「夜にしがみついて、朝で溶かして」は2018年9月発売の「泣きたくなるほど嬉しい日々に」以来、約3年3カ月ぶりのオリジナルアルバム。「しょうもな」「キケンナアソビ」「四季」「モノマネ」「幽霊失格」「愛す」「ニガツノナミダ」といった既発曲のほか、映画「ちょっと思い出しただけ」の主題歌に決定した新曲「ナイトオンザプラネット」など、これまでのアルバムで最多の全15曲が収録される。

本作は歌詞集付きの特装盤、Blu-ray付きの初回限定盤、CDのみの通常盤の3仕様でリリースされる。完全受注生産の特装盤に付属する歌詞集「ことばのおべんきょう」は512ページにわたり、インディーズ時代から今回のアルバムまでの全曲の歌詞が収録される。初回限定盤のBlu-rayには9月8日に行われたライブ「クリープハイプの日 2021(仮)」の映像などが収められる。特装盤の予約は公式ファンクラブ、Fanplus、UNIVERSAL MUSIC STOREにて10月7日まで受付中。

なおアルバムの詳細発表と合わせて、アートディレクターの寄藤文平が手がけた各仕様のイラストも公開された。

クリープハイプ「夜にしがみついて、朝で溶かして」収録内容

CD

・ニガツノナミダ
・愛す
・キケンナアソビ
・幽霊失格
・モノマネ
・四季
・しょうもな
・ナイトオンザプラネット
ほか全15曲収録

Blu-ray

・「クリープハイプの日 2021(仮)」ライブ映像ほか収録予定

アプリで読む