Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

劇団青年座の2021年度上演作品に野木萌葱「ズベズダ」やシライケイタ新作

ナタリー

21/1/17(日) 10:35

劇団青年座ロゴ

劇団青年座の2021年度公演ラインナップが発表された。

5月は“海外現代戯曲”シリーズ第6回目として、イギリスのM・バートレット作「アルビオン」を伊藤大が演出する。9月には昨年上演予定だった、野木萌葱作、黒岩亮演出の「ズベズダー荒野より宙(そら)へー」が、2022年1月にはシライケイタ作、金澤菜乃英演出の「閔妃暗殺(仮題)」がラインナップ。また同月から、レパートリー作品であるマキノノゾミ作、宮田慶子演出の「横濱短篇ホテル」が東京・紀伊國屋ホールほかで上演される。

劇団青年座 2021年公演ラインナップ

第245回公演「アルビオン」

2021年5月21日(金)~30日(日)
東京都 俳優座劇場

作:M・バートレット
翻訳:小田島紀子
演出:伊藤大

第242回公演「ズベズダー荒野より宙(そら)へー」

2021年9月10日(金)~20日(日)
東京都 シアタートラム

作:野木萌葱
演出:黒岩亮

第246回公演「閔妃暗殺(仮題)」

2022年1月21日(金)~30日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

作:シライケイタ
演出:金澤菜乃英

第247回公演「横濱短篇ホテル」

2022年3月9日(水)~13日(日)
東京都 紀伊國屋ホール ほか

作:マキノノゾミ
演出:宮田慶子

アプリで読む