Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

嵐、タレントパワーランキング音楽編8年連続首位の理由 ファンに元気や挑戦の機会を与える存在に

リアルサウンド

19/8/3(土) 6:00

 『日経エンタテインメント!』が発表している2019年版タレントパワーランキングが発表され、音楽編では嵐が8年連続1位を獲得した。また男優編では同じく嵐から相葉雅紀が初の1位に輝いた。相葉に続き、2位に大野智、3位に二宮和也、5位に松本潤、6位に櫻井翔と10位以内にメンバー全員がランクイン。「タレントパワーランキング」とはアーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基にした2つのデータを掛け合わせた結果として「タレントパワースコア」を算出し、ランキングにしたもの。顔と名前を知った上で、見たい・聴きたい・知りたいという、そのタレントがどれだけ好意的に興味を持たれているのかを示すバロメーターである。

(関連:「BABA嵐」を面白くする嵐5人の全力投球ぶり 相葉雅紀が6度目“最弱王”に輝いた神回振り返る

 2020年に活動休止することを発表した嵐であるが、6月に発売した20周年記念のベストアルバム『5×20 All the BEST!! 1999-2019』が驚異的なセールスを記録し、ダブルミリオンも目前となっているほか、8月24、25日には『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーも決定しており勢いは増すばかり。今回の24時間テレビドラマスペシャル『絆のペダル』では男優部門で初の1位となった相葉が主演を務め、大野がチャリTシャツのデザインを手がけるなど話題は尽きない。

■常に全力で楽しませる真のエンターテイナー
 嵐が年齢性別問わず多くの人たちから愛されている秘密は何だろう、と考えた時に真っ先に浮かんでくるのは彼らから発信される圧倒的な“幸福感”である。今回のベストアルバムを改めて聞いてみると、嵐の楽曲には聞く人の気持ちに寄り添うように励ましてくれる優しい応援ソングが多い。元気のない時や落ち込んだ時に聞くとそっと背中を押してくれるような楽曲の数々は、年齢や性別も関係なく多くの人たちを元気づけてきたのだろう。同時に、これからもたくさんの人たちの元気の源となっていくはずだ。そしてベストアルバムリリースのタイミングで出演した歌番組や音楽特番では、ほぼ被ることなく各番組で違う曲をパフォーマンス。懐かしい曲を次々と披露する度に、SNS上は多くのファンからの歓喜の声で溢れた。

 さらに歌だけでなくバラエティで見せる5人の仲の良さは微笑ましく、その姿に癒されるという人も多い。しかもバラエティといえど、国民的アイドルになった今でも常に全力投球だ。レギュラー番組『VS嵐』(フジテレビ系)では崖を登りながらボタンを押し、得点とタイムを競う「クリフクライム」でも選ばれたメンバーが本気でゲーム挑み、時に悔しがる姿に胸を熱くしたり、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の早押しクイズで、正解した後のご褒美グルメを食べるメンバーのリアクションを楽しみにしているファンも多い。

■嵐がきっかけで新しいチャレンジをする人も
 嵐のファン同士が集い、ライブDVDの鑑賞会や嵐の情報交換をする場である、いわゆる「嵐会」というファン同士の交流会がある。これは嵐5人も知るところであり、『ARASHI LIVE TOUR2017-2018 「untitled」』の初回限定盤の特典映像では嵐5人が自分たちのライブ映像を見ながら盛り上がる「嵐の嵐会」の様子も収録されているほど。このように全国各地で行われているファン同士の交流から、嵐を通じて新しい友達が出来ることで世界が広がる経験も。また、年配のファンの中にはそれまでパソコンの操作などができなかった人が雑誌に掲載された嵐の記事を保存したい、嵐の情報が知りたいとパソコン教室に通い始め、ブログを書くようにまでなった、という人もいるようだ。タレントとしての魅力はもちろんのこと、ファン同士の交流や、嵐を通じて新しい分野にチャレンジしようと思わせてくれるのも彼らの魅力のひとつではないだろうか。

■新曲「BRAVE」のパフォーマンスにも期待
 そしていよいよ1年ぶりとなるニューシングル『BRAVE』が」9月11日にリリースされることが決定。2016年発売の「Daylight」以来、シングル表題曲としては久々に櫻井翔がラップを書き下ろした力強い魅力にあふれたナンバーだ。今回初めて初回限定の特典はDVDだけでなくBlu-rayの2種でのリリースとなったが、通常盤はなんと800円(税抜)。日本テレビ系『ラグビー2019』のイメージソングということもあり、ラグビーファンを含めより多くの人たちに手に取ってもらいたいという嵐の気持ちが伝わってくるようだ。『24時間テレビ 愛は地球を救う』での活躍はもちろんのこと、楽曲のパフォーマンスも期待して待ちたい。(北村由起)

アプリで読む