Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ポスタービジュアル

クエンティン・タランティーノ最新作、町山智浩による日本最速レビュー到着

ナタリー

19/7/17(水) 13:30

映画評論家の町山智浩が、カンヌ国際映画祭上映版とは異なる「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」劇場公開版を鑑賞。その日本最速レビューが到着した。

クエンティン・タランティーノの最新作である本作は、1969年の米ロサンゼルスを舞台に、落ちぶれたテレビ俳優とそのスタントマンが再び一花咲かせようとするさまを描く物語。レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、カート・ラッセル、ダコタ・ファニング、アル・パチーノらが出演した。レビューにて町山は、本作を“おとぎ話”“60年代ワンダーランド”と評している。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は8月30日より全国でロードショー。

町山智浩「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」レビュー

「昔、むかし、ハリウッドで……」

タイトルで明らかなように、タランティーノの新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は、おとぎ話だ。

歴史的事実をベースに、タランティーノが自由奔放に想像の翼を広げている。「イングロリアス・バスターズ」と「ジャンゴ 繋がれざる者」がそうだったように。だけど、その2作よりもずっと明るく楽しくポップでカラフルな、60年代ワンダーランドだ。

舞台は1969年のロサンジェルス。カウンター・カルチャーの最盛期。サイケデリックなファッションのヒッピーがマリファナやLSDでトリップし、ミニスカートに白いブーツの美女がゴーゴー・ダンスを踊る、陽気で華やかでラブ&ピースな時代。

そこに時代遅れの男が2人。

リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)はかつてTV西部劇のスターだった。だが、主演した劇場用映画は当たらず、番組も終わって、今は他のドラマに悪役としてゲスト出演して食いつないでいる。このままじゃ、サンセット・ストリップを登った丘の上に買った家のローンも払えない。

「イタリアでマカロニ・ウェスタンに出て稼いでこないか」

マーヴィン・シュワーツ(実在のプロデューサー。演じるはアル・パシーノ)に誘われたリックは落ち目の自分が悔しくて泣いてしまう。リックはめっちゃくちゃメンタル弱くて、ちょっと心が揺れるとすぐメソメソする。

そんな泣き虫男の肩を優しく抱いてくれるのは、ずっと彼のスタント・ダブルを務めてきたタフガイ、クリフ・ブース(ブラッド・ピット)。ブラピはサービスで上半身裸になって、今年56歳とは思えない肉体美を披露する。ブラピとデカプーはこれが初共演だが、2人の相思相愛ぶりが見ていて楽しい。

そのリックの家の隣に新婚カップルが引っ越してくる。ポーランド出身でハリウッドに渡り、ホラー映画「ローズマリーの赤ちゃん」を大ヒットさせたばかりの映画監督ロマン・ポランスキーと、ハリウッド映画「哀愁の花びら」に主演した新進女優シャロン・テイト(マーゴット・ロビー)。彼女はピュアでキュートでチャーミング。ラブ&ピースの時代を象徴する妖精のよう。

この3人の3日間を描くのが「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。タランティーノは「『アメリカン・グラフィティ』(1973年)みたいな映画だよ」と言っている。「アメリカン・グラフィティ」はジョージ・ルーカス監督が高校を卒業した1962年の夏、カリフォルニアの田舎町の一夜を描く。若者たちはそれぞれの車に乗って、街をクルーズ(周回)する。カーラジオから当時最新のロックンロールを鳴らしながら。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」でも、カーラジオやレコード・プレイヤーから、1969年当時のさまざまな歌が流れ続ける。

タランティーノ映画はいつも選曲が抜群だが、今回はかっちり60年代縛り。「白人版JB」と呼ばれたロイ・ヘッドの「トリート・ハー・ライト」でファンキーに始まり、ポール・リヴィア&レイダース、ディープ・パープルにストーンズ、ニール・ダイアモンド、ヴァニラ・ファッジ……フォークからサイケまで何でもアリの60年代ヒット・パレードでこれまた楽しい。

音楽だけじゃない。デカいアメ車、テレビ番組、CM、街角の映画ポスター、ファッション……60年代のロサンジェルスに育ったタランティーノは、子供の頃に好きだったものを片っ端から、この映画に詰め込んでいる。これはフェリーニの「アマルコルド」(1973年)やウディ・アレンの「ラジオ・デイズ」(1987年)、アルフォンソ・キュアロンの「ROMA / ローマ」(2018年)と並ぶ、映画作家の原風景映画なのだ。

さらに、ハリウッドの内幕ものでもある。リックとクリフのコンビは、TV西部劇「拳銃無宿」(1958~1961年)に主演したスティーヴ・マックイーンと彼のスタント・ダブルだったバド・エイキンズの友情がヒントになっているそうだ。エイキンズは「大脱走」(1963年)でマックイーンの代わりに、スイス国境のバリケードをバイクで飛び越える名スタントを演じたことで有名。で、「ワンス・アポン・ア・タイム」では、「大脱走」のマックイーンの役はリックが演じていたかもしれない、という話も出てきて、映画マニアとしてはゾクゾクする。

シャロン・テイトは「サイレンサー破壊部隊」というスパイ映画に出演するために、あのブルース・リーの武術指導を受ける。そのブルース・リーとクリフが対決する! 「ファイト・クラブ」(1999年)でリーの仕草を真剣にコピーしていたブラピが!

そんな、ワクワク楽しい日々に暗い影が忍び寄る。クリフはハリウッドの北にある牧場を訪れる。そこではヒッピーの少女たちが共同生活をしている。彼らはチャールズ・マンソンという教祖を信奉する「ファミリー」というカルト集団で、史実では、1969年8月9日、シャロン・テイトの家に押し入って、妊娠8カ月の彼女を惨殺したのだ。この事件はラブ&ピースの時代を、華やかなカリフォルニア・ドリームを終わらせてしまった。

その事実を知っていると、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」はたまらなく美しく儚く、ハッピーでせつない。タランティーノがかけた映画の魔法が、歴史まで変えてくれればいいのに。

アプリで読む