Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ツクネル tsukuneru「やっと第1回本公演『楽屋 ~流れ去るものはやがてなつかしき~』」チラシ

「劇場へ逃げてきて」、ツクネル tsukuneruの“やっと第1回本公演”「楽屋」

ナタリー

19/8/28(水) 10:13

ツクネル tsukuneru「楽屋 ~流れ去るものはやがてなつかしき~」が、9月20日から22 日まで京都・KAIKAで上演される。

京都を拠点に活動するツクネル tsukuneruは、“作って寝るだけの生活”を夢見て活動している団体。“やっと第1回本公演”と銘打たれた今公演では、清水邦夫が4人の女優を描いた戯曲「楽屋」を、西井桃子の演出で立ち上げる。

西井は上演に向け「どこか生きづらさを感じている私のようなあなたに是非、私たちのいる劇場へ逃げてきてほしいなと思います。そして、彼女たちの人生を一緒に見届けてください。たくさん笑いましょう!」とコメントした。なお本作はとげねずみ・どぶねずみの2チームWキャスト制となっており、各チームで演出が異なる。

西井桃子コメント

初めまして。ツクネル tsukuneruの代表をしております、西井桃子です。
私たちは京都を拠点に活動する劇団です。今まで細々と公演活動を行ってきましたが、今回やっと「本公演」を打つことになりました。めでたい!
この度、劇団として新たに7人の仲間を得ることができました。どことなく暗く重い空気の漂う昨今、7人もの女優を志す若い者が生まれることは、大変喜ばしく、切なく、美しいことではないでしょうか。少なくとも私はそう思いました。なので「女優」の物語をやります。どこか生きづらさを感じている私のようなあなたに是非、私たちのいる劇場へ逃げてきてほしいなと思います。そして、彼女たちの人生を一緒に見届けてください。たくさん笑いましょう!
何卒よろしくお願いします。

ツクネル tsukuneru「やっと第1回本公演『楽屋 ~流れ去るものはやがてなつかしき~』」

2019年9月20日(金)~22日(日)
京都府 KAIKA

作:清水邦夫
演出:西井桃子
出演
とげねずみ:岸本萌華、奈良咲久耶、吉祥英里、高田彩美(ゲスト出演)
どぶねずみ:浮島メイ、きたの、高橋あみか、ププカ(ゲスト出演)

アプリで読む