Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2019 Disney. All Rights Reserved.

『アナと雪の女王2』吉田羊がアナとエルサの母イドゥナ役、物語の鍵を握る

CINRA.NET

19/10/31(木) 13:00

アニメーション映画『アナと雪の女王2』の新たな日本語吹き替え声優が発表された。

11月22日から公開される同作は、2014年公開のディズニーアニメーション『アナと雪の女王』の新作。深い絆で結ばれ、アレンデール王国で幸せな日々を過ごしていたエルサとアナの姉妹が、エルサにしか聞こえない不思議な「歌声」によってエルサの「魔法の力」の秘密を解き明かす旅へと導かれる、というあらすじだ。日本語吹替版の声優は、エルサ役を松たか子、アナ役を神田沙也加が続投する。

発表された声優は、アナとエルサの母親でアレンデール王国の元王妃イドゥナ役を演じる吉田羊。前作で船の事故により命を落としてしまったことが語られていたが、『アナと雪の女王2』では回想シーンに登場し、ロバート・ロペス、クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻が手掛けた子守歌を歌うことが明らかになっている。またエルサの力の秘密を知る重要なキャラクターになるという。

『アナと雪の女王』のファンであることを公言している吉田羊は、声優決定の知らせを受けたときの気持ちを「オーディションの合格通知をいただいたときは、びっくりしすぎて『ウソ!?』と言ってしまいました(笑)。ディズニーの作品はまさに“夢の世界”で、まさか自分がその世界の住人になれるとは思っていなかったので、本当に嬉しかったです」とコメント。またアフレコを終えて「声の強弱やキャラクター同士の距離感を意識して演じました。アレンデール王国の王妃という気品や気高さを意識して演じさせていただいたので、“私の声には聞こえないね”という風に言っていただけたら成功かなと思っています」とコメントを寄せている。

アプリで読む